FC2ブログ

パミール高原ツーリング日記(34) [2018/08/04,05] ドバイ~帰国

夕方までドバイモールでうだうだと過ごし(半分ソファーで寝てた)、17時過ぎにメトロでドバイ空港のターミナル3へ移動。22:35発の大韓航空機でインチョン空港へ。

インチョン空港で預け入れ荷物の状況を確認した所、ちゃんと関空まで行ってくれるとのこと。

8/5の17時過ぎに無事関空に帰還。預け入れ荷物も届いていた。



前年のカザフ・キルギスツーリングから帰ってきたときは「当分の間、ロシア語圏のツーリングは止めよう」と思ったのだが、再びロシア語圏のタジキスタンを訪れてしまった。

タジキスタンは割と英語が通じたし、タジキスタン人のおもてなし精神もあって、キルギスに比べ非常にツーリングがしやすかった。キルギスでは宿にホストがいないとか、いても英語が通じないとかで、宿に着いてから途方に暮れることが少なくなかった。一日ハードなツーリングをしてやっとの思いで宿に着いて一秒でも早く休みたいという時に、そこでまた壁にぶち当たるというのは本当にきつかった。今回のツーリングではそういったことはなかった。

他にもキルギスとタジキスタンの人々で色々違うところがあった。キルギスの人はバイクを見かけると「股がらせてくれ」と寄ってきて写真を撮ったりしていたが、タジキスタンの人からはそういったリクエスト(?)はなかった。ただ、タジキスタンの子供達はバイクを見かけるとみんな駆け寄ってきてハイタッチをしようと手を伸ばしてきた。キルギスもタジキスタンもイスラム教国であるが、アルコールを飲むといったタジキスタン人の緩さには思わず失笑してしまった(ヨドゴールゲストハウスのオヤジ以外にも、Karon Palace Hotel のFacebookのページで「冷たいビールや有名なカクテルどうぞ」見たいなことが書いてある ^^;)

あと、世界各国の何人ものアドベンチャーライダーと出会えたのは素晴らしい経験だった。

今回も素晴らしいツーリングだったが、アクバイタル峠へ行けなかったのはやはり心残りだ。次回はバータン渓谷(Bartang Valley)→アクバイタル峠→ムルガブと回るルートにチャレンジしたい。かなり困難なルートなのでまた練習せねば。

(参考) Bartang Valley
スポンサーサイト



theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めまして。
モンゴル、インドラダック地方のツーリングを経験し、次はカラコルムハイウェイやパミール高原にでも行こうかと考えていたところ、こちらのブログに辿りつきました。貴重な情報を公開して頂きありがとうございます。

vfr800huさんの記事につられ、パミール高原へ行ってしまいそうです…笑 長期間のツーリングができるほどの休みがなかなか取れないのが一番の悩みどころですね。

No title

初めましてm(_ _)m
1年前のツーリングをやっと書き終えた感じでだらだらと書き連ねましたが、ご参考になれば幸いです。
インドラダック地方のツーリングってことは交通道路世界最高地点を走られたのですね!モンゴル、カラコルムハイウェイもいつか走ってみたい場所です。
パミール高原も素晴らしい場所ですのでお勧めです。ただ現地一週間程度だと時間的にかなりきついですね。今回は多くの海外のライダーと出会いましたが、みんな数か月~年の単位で旅を続けていて羨ましかったです(^^;)
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク