FC2ブログ

パミール高原ツーリングの基礎知識(4) 宿

去年のキルギスツーリングでは事前にBooking.comで宿を予約していたが、今回はパミール高原内(ゴルノ・バダフシャン自治州内)は予約せず、全て飛び込みで宿泊した(州都ホログ以外ではネットで予約できる宿がほとんどないのと、行程が不明確だったため)。

宿は「guest house」「home stay」といった看板が出ているので、村や町を走っているとすぐに分かる。パミールハイウェイのカレイクム~アリチュール間やワハーン回廊のイシュカシム~ランガー間は多くの宿が存在するが、パミールハイウェイのアリチュールから東はムルガブとカラクルにしか宿はない。またランガー~アリチュール間(約120km)も途中に宿はない(Khargush峠の南にある検問所の近くにキャンプできる場所があるっぽい)。
Pamir-highway-map.jpg

  • ちゃんとしたホテル(例: KARON PALACE HOTEL)だと一泊80米ドル (8,000ソモニ)くらいする。
  • guest houseだと、一泊二食付きで15米ドル (1,500ソモニ)くらい。トイレは水洗でないことが多い。
  • 支払いは現地通貨(ソモニ)、米ドルのどちらでもOKであることが多い(というか、最初は米ドルで請求されることが多かった)。カードはまず使えない。
  • Wi-Fi等はあまり使えないと思ったほうが良い。

今回のツーリングで利用した宿は以下の通り。

Atlas Hotel
首都ドゥシャンベにあるホテル。西遊旅行さんのツアーでも使用されている。今回利用したレンタルバイク屋のすぐ近く(徒歩5分)だったのでここにした。中庭にバイクを止めることができる。ワハーン回廊ですれ違った韓国人ライダーとこのホテルで再会した。
20180728_141213_AtlasHotel_Dushanbe_Tajikistan.jpg

KARON PALACE HOTEL
パミール高原の玄関口 カレイクムのど真ん中にある西洋風ホテル。西遊旅行さんのツアーでも使用されている。
20180730_110259_KalonPalceHotel.jpg

行き・帰りで2回利用した。1泊80~120ドル(現地通貨でも支払可)。女性マネージャーは英語を話せる。スタッフは親切でセキュリティもしっかりしている。とても快適。カレイクムへ至る道はどれもかなりきついので、少々高くつくがこういったちゃんとしたホテルに泊まった方がゆっくり休めて安全だろう。

20180730_110300_KaronPalaceHotel.jpg

GUESTHOUSE REN
ワハーン回廊の玄関口、イシュカシムにあるゲストハウス。一泊二食付きで15ドル。
20180731_103743_GuestHouseRen_Ishkashim _WakhanCorridor

当初はHanis Guesthouseというイシュカシムで一番のゲストハウスに泊まろうとしたのだが、満室で断られてしまった。どこに泊まろうかと困り果てていたら、このゲストハウスの主人の息子さん(上の写真の赤い服を着た男性)に声を掛けられて案内された。

温水シャワーがあり、トイレは屋外に水洗式のものがある。イシュカシムのメインストリートからは少し離れているが、青い屋根と黄色い壁が目立つので見つけるのは難しくないと思う(通りとパンジ川の間にある)。

まだ始めて1年程しか経っていない新しいゲストハウスとのことで、ご主人から「ぜひ宣伝しておいてくれ」と頼まれた。
20180730_223353_GuestHouseRen.jpg

20180730_223352_GuestHouseRen.jpg


Home stay Yodgor(ホームステイ・ヨドゴール)
ワハーン回廊の東端の村 ランガー(ランガール)にあるホームステイ。一泊二食付きで15ドル(だったと思う)。西遊旅行さんのツアーでも使用されている(私が宿泊した2週間程前の西遊旅行さんのツアーの宿泊客が残していった連名入り日の丸が食堂に置いてあった)。トイレは手動式の水洗(西洋式の便座があって、使用後はバケツに水を汲んで流し込む)。シャワーがあるが私は利用しなかったので詳細は分からない。
20180731_193929_Homestay_Yodgor_Langar_WakhanCorridor.jpg

Jelondi Hotsprings (ジェロンディ温泉)
パミールハイウェイ沿い、標高 3,554 m にある温泉。宿泊も可能。日帰り入浴の地元民も多い。ここの女性マネージャーは通常のタジキスタン人とは異なりえらくおっかない顔で笑みの一つもないのだが、こちらの要望・問い合わせにはきちんと丁寧に対応してくれる。温泉はたぶん24時間いつでも入れるが、お湯がえらく熱いので浸かるのはほぼ不可能。トイレは屋外にあり、非水洗式。
20180802_112027_Jelondi_Hot_Springs.jpg

スポンサーサイト



theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

WERIDE 三宅島エンデューロレース 2018

11/10に三宅島で開催された「WERIDE 三宅島エンデューロレース」に出場(4年連続4回目)。
http://challenge-miyakejima.com/18race_index.html

今回もオープンクラスでエントリー。

今回は三宅島エンデューロ始まって以来最高という好天に恵まれた(ただしレース前日は大雨だったため、一部地盤がゆるくなっている箇所もあった)。

非常に良いコンディションだったものの、レースの出来は激しくイマイチであった。去年のレースの終盤でそこそこ走れるようになった時のイメージのまま走行したら、(レース序盤はライン上のガレとかが掃けてないので)全く思うように走れず調子がくるってしまった。サイティングラップ(レース前に行われる下見走行)で3回も転倒してしまった(サイティングラップで転倒したのは今回が初めて)。レースは中盤以降にウッズエリアにできた深い轍の走行で激しくもたついて(&体力を消耗して)しまった。

のっけからぐだぐだになってしまった一周目の動画。レース開始の旗振り役は小池百合子東京都知事。


結果は8周でオープンクラス24位(完走31人中)、総合57位(完走94人中)。イマイチではあるが、不完全燃焼という訳ではなく、まぁ実力通りの結果。
https://speedhive.mylaps.com/ja/Sessions/5177823

YouTubeで上手い人の動画を見て走り方を研究せねば。

theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

パミール高原ツーリングの基礎知識(5) 給油

タジキスタンではガソリンのことは「ベンジン」と呼ぶ。私が経験した限りでは、タジキスタンのガソリンスタンドでセルフ給油の所はなく、全て店の人が給油してくれた。カザフ・キルギスとは異なり支払いは後払いで、先にお金を預けておく必要はない。

大きな町のガソリンスタンドは日本のガソリンスタンドと全く同じ。ガソリン価格は 90円/L くらいで、カザフ・キルギスに比べると、かなり高い。
20180730_180311.jpg

ペットボトルへの給油もしてくれる。緊急避難用に約3Lのガソリンをペットボトルで携行していた。
20180729_100700_Fueling_at_Dushanbe.jpg

大抵の給油場所はオクタン価(と価格)が書いてある看板が出ているので見つけるのは容易だ。
20180729_193337_QalaiKhumb_Fuel.jpg

小さな町・村なんかだと、ドラム缶に貯蔵してあるガソリンをバケツで汲んで、大きな漏斗で給油する。満タン給油にするためにガソリンを多めに注文するので、余った分はペットボトルに入れてもらった。
20180731_101938_Fueling_at_Ishkashim.jpg


給油できる場所は以下の通り。
  • パミールハイウェイのカレイクム(Qalai Khumb)~ホログ間(Khorog): 給油場所数か所有り。まぁ Qalai Khumbで給油しておくのが安全(Qalai Khumbの給油場所は街中からクロブ側(普通のガソリンスタンド)、もしくは、ホログ側(ドラム缶)に出た所にある)。
  • ホログ~イシュカシム(Ishkashim)、ワハーン回廊(イシュカシム~ランガー): ホログ、イシュカシムとイシュカシム~ランガー間に2~3か所 給油場所がある
  • パミールハイウェイのアリチュール(Alichur)、ムルガブ(Murghab)
  • キルギスのサリタシュ(Sary-Tash)
パミールハイウェイのホログから東は給油できる場所が激減するので要注意。ワハーン回廊ルートのランガー(Langar)~アリチュール間も給油できる場所はない。あとKulob road (ピンク色の線)のカレイクム~クロブ間も給油できる場所はなかったと思う。
Pamir-highway-map.jpg


アリチュールの給油場所はパミールハイウェイ沿いではなく村の中にある上、看板等が何もなく場所が分かりにくい。村の人に3~4回聞いて回ってようやく給油してもらえる民家にたどり着いた(ここで給油できないとかなり危機的な状況に陥る)。
20180801_155730_Alichur _Fuel

theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク