FC2ブログ

Outback Adventure Treks動画

Outback Adventure Treks のAcross Australia Tour の動画を発見。場所はシンプソン砂漠だと思われる。


やっぱオーストラリアはいいなぁ。また走りに行きたい。
スポンサーサイト



キルギスツーリング: Kara-Keche Ashuu (カラケチェ峠)

Kara-Keche Ashuu (カラケチェ峠)は Chaek(チャエク) からソンクル湖へ向かう途中にある 標高3,384m の峠。
20170807_KaraKecheAshuu_Altitude.jpg

今回私が走ったルートは
チャエク→カラケチェ峠→ソンクル湖Terskey Torpok 峠Jonbulak 峠→ナリン
となる。


チャエクから東に10kmの Baizak という村にあった標識。キリル文字の読み方だけは勉強したので、こういった地名は読める。
20170807_124616_Bayzak.jpg

チャエクから東に20kmの Bash-Kuugandi という村にあった標識。この村から非舗装路を南下して峠へ向かう。
20170807_125846_Bayzak.jpg

Bash-Kuugandi から カラケチェ峠へ向かう道。Bash-Kuugandi から10km程で標高2,000mを越える。カラケチェ峠の「カラ(Kara)」は「黒」を意味するのだが、その名の通り道が黒っぽい。
20170807_131242_KaraKeche.jpg

空気が薄いためかエンジンの調子が悪く、ほとんど平坦なのに時速60kmも出せない。なんか前日のTöö峠の時よりも調子が悪い気がする。こんな調子で峠を登れるのだろうか…。
20170807_132346_KaraKeche.jpg

Bash-Kuugandi から下記のゲートまでの道は、これまでの海外ツーリングでは経験したことがない猛烈な不安感に襲われた。バイクの調子が悪いというのが原因の一つだが、道が黒っぽいというのも不安感を煽る一因だったと思う。オーストラリアの赤い砂の道ではどんな僻地を走っていて不安を感じることはなかった。


Bash-Kuugandi から25km、山間部に入る直前にゲートがある。警備員等はおらず無人。冬期通行止時のためのものかな。
20170807_134246_KaraKeche.jpg

ゲートの手前にこんな標識があった。食事や宿泊ができるっぽいが、とてもそうは見えなかった。
20170807_134234_KaraKeche.jpg

ゲートの少し先で写真を撮っていると、一人の男性がやってきた。名はカフェン?さん。自分の家で休んでいかないかというので、付いていくことにした(動画の 2:23-2:26あたり)。
20170807_134705_Baizak_KaraKeche.jpg

簡単な食事を頂く(500ソム。750円くらい)。Bash-Kuugandi からずっと不安に潰されそうになりながら走ってきたが、これで元気が出てきた。
20170807_140448_KaraKeche.jpg

カフェンさんは普通に英語が話せたのだが、キルギスでは英語を話せる人は割と珍しいので、今になって思うとちょっと不思議&驚きだ。
20170807_142254_KaraKeche.jpg


カラケチェ峠への道は基本的には悪くないが、橋が崩落していて、川を渡らなければならない箇所があった(Bash-Kuugandi から32km、標高2,550m付近)。
20170807_144106_KaraKecheAshuu.jpg

川をほぼ真横に横切り、川の中から対岸に上がろうとアクセルを開けた瞬間エンストしてしまう。エンストすることは想定していたので転倒はしなかったが、それでもかなりやばかった。何度かエンジンを掛けなおして川からの脱出を試みたが、バイクが上がり切る前にエンストしてしまう。仕方がないので川の中を20m程上流に遡り、段差が低いところから対岸に上がった。この川を渡るシーンはビデオカメラで撮ったつもりでいたのだが、電源が入っていなくて撮れていなかった。痛恨の極み。


Bash-Kuugandi から37km、はるか前方に山腹を縫う道が見えてきた。
20170807_145212_KaraKecheAshuu.jpg

あそこを登るのか…(実際はこの道は炭鉱の道?で、カラケチェ峠へ続く道ではなかった)。
20170807_145202_KaraKecheAshuu.jpg

この辺りからエンストしがちになる。


Bash-Kuugandi から40km、 峠の麓に到着。ここで再びエンスト。
20170807_150014_KaraKecheAshuu.jpg

セルを回したらマフラーからもの凄い黒煙が出てきて、驚きのあまり冷や汗がどっと出る。恐る恐るセルを回し続けたが、一向にエンジンがかからない。エアフィルターを外してみても駄目だった。

まだ標高2,800m。前日のTöö Ashuu 旧道では 3,300m付近まで行けたのに、なぜこの程度の標高で立ち行かなくなるのか…。
20170807_150246_KaraKecheAshuu.jpg

仮にここでエンジンが掛かったとしても、あと500mも登れるか甚だ怪しい。

Baizak で撮影した標識の写真をデジイチ上で確認。Baizak からこの日の目的地のナリンまで240kmなので、ここから引き返してナリンに行くとなると270kmくらいか。時刻はちょうど12時で、今なら問題なくナリンまでたどり着けるだろう。

さて、どうするか。

気持ちを落ち着かせるために水分補給をする。荷台の荷物が右寄りに大きく崩れていたので積み直す。

エアフィルターを取り付けしばらくしてからセルを回したら、一瞬マフラーから黒煙が出たものの、なんとかエンジンが掛かってくれた。なんでさっきまで掛からなかったのか良く分からないが、エンジンがオーバーヒート気味だったのか、崩れた荷物がマフラーを塞いでいたのかもしれない。

不安が拭えないが、とりあえず先へ進む。


炭鉱の脇の道を登ってゆく。ダンプカーが1台動いているのが見えたが、それ以外は人の気配は全くなかった。
20170807_151410_KaraKecheAshuu.jpg

時速20~30kmで走るのがやっとという感じ。途中で何度もエンストする。再度エアフィルターを外してみたが、やっぱり効果は無かった。
20170807_152656_KaraKecheAshuu.jpg

若者が乗った車とすれ違う。橋が崩落した場所は普通乗用車でも川を渡れないことはないが、恐らく車内に浸水してしまうだろう。幸運を祈る。
20170807_151319_KaraKecheAshuu.jpg

雄大な景色が広がる。山の傾斜が緩やかなので、エンジンさえまともに動けば、バイクで山頂まで行けそう。
20170807_153408-153420.jpg


Bash-Kuugandi から47km、 どうにかこうにか峠の頂上に到達 (動画)。


峠の頂上の右側に広がっていた草原に微かな轍の跡があったので、そっちへ入ってみた。
20170807_154112-154124crop.jpg

丘の頂上を目指そうとしたのだが、すぐにエンストして登れなくなる。
20170807_154142-154148_KaraKecheAshuu.jpg

遥か彼方にソンクル湖が見えた!(丘を少し登らないとソンクル湖は見えない)
20170807_154136_SonKul.jpg


ソンクル湖を目指して峠を下ってゆく。
20170807_155456_KaraKecheAshuu.jpg

道の脇に遊牧民のユルトが点在する。人を見かけたら手を振った(相手も手を振ってくれる確率は50%くらい)。遊牧民は犬を飼っていることが多いのだが、なぜかキルギスの犬には100%吠えられた&追いかけられた。追いかけてくる犬から逃げようにもアクセルを開けられない(開けたらエンストする)ので、噛み付かれないかと冷や汗ものだった。
20170807_155508_KaraKecheAshuu.jpg


カラケチェ 峠に関するページ
Kara-Keche Ashuu のルート(写真付きGoogle Map)
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク