FC2ブログ

2018謹賀新年

20170807_174156_2018NewYear.jpg

今年もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト



キルギスツーリングの基礎知識: 宿泊

今回のツーリングの宿泊場所は Booking.com
  • 個室
  • ネット(無料Wi-Fi)が使える
  • 敷地内駐車場がある
を必須条件にして探した。地方の町だと Booking.com で予約できる宿がほとんどなかったのでツーリングルートの立案に苦労したのだが、この記事を書くために久しぶりにBooking.com を見てみたら、登録されている宿がずいぶん増えていた。

飛び込みで宿を見つけるのは以下の様な難点があるので止めた方が良い。
  1. 防犯のためか、宿と分かるような表札・標識が全くないことがあるので、普通にバイクで走っていたら見つけられない可能性大
  2. 地方のゲストハウスなんかだと宿主は普段は宿におらず、受付時だけ宿に来る、というパターンが多い(なので宿に到着する前にTELする必要がある)
  3. 英語が通じないことがある

2. について補足すると、3つの宿で「到着前にTELしてくれ」と言われた。私の携帯は現地では使えなかったのだが、「ちゃんと予約してあるし、連絡せずに行っても大丈夫だろう」とTELなしで宿に着いたら宿主がおらず、途方に暮れるということが2回あった(で、1回は他の宿泊客にTELしてもらい、他の1回は宿の前に宿主のご両親がいてそのご両親にTELしてもらった)。

あと、Booking.comの各宿の予約ページをロシア語で印刷したものも持って行った方が良い(英語だと地元の人(下手すれば宿主も)が読めない恐れがある)。

今回のツーリングで宿泊した宿は以下のとおり(写真付きGoogle Map)。

Uyut Almaty Hotel [Google Map]
地球の歩き方にも出ているアルマティの4つ星ホテル。 1泊6,675 KZT (¥19,800)。 ツーリング初日と最終日に利用(最終日は午後3時~7時まで)。場所、設備とも良い。Booking.comのレビューだと朝食が豪華とのことなのだが、私はそこまで凄いとは思わなかった(でもかなり良いレベルであることは確か)。空港までの送迎の手配を行ってくれるし、受付の女性スタッフが非常に親切。英語が通じる。次回のアルマティ訪問時もまたここに泊まりたいと思う。
20170805_105300_UyutAlmatyHotel.jpg

Guest House on Tashieva 43
キルギスの首都ビシュケクにあるゲストハウス。一泊US$8 (¥897)。メインストリートから外れた細い路地沿いにあり、場所が分かりにくい。 Google Map には「Guest House on Orlovskaya 43」というゲストハウスがあり、実はこれが「Guest House on Tashieva 43」と同じものなのだが、場所が間違っている。シャワー・トイレは共用(かなり綺麗)。朝食を頼むことができる。宿主のおばあちゃんは英語を全く話せないがとても親切(Booking.com上でのやり取りは英語でできた)。私の滞在時、関西圏のとある外大のロシア語学科の女子大生(半年間の語学留学中)の方がいて、色々通訳してくれたのでとても助かった。近くにビシュケクで一番というキルギス料理店(カフェ・ファイザ)がある。

表札等が一切ない。青い外壁と扉にある「43」(番地)の数字が目印。
20170806_115804_BishkekGuesthouse.jpg

20170806_110138_BishkekGuesthouse.jpg

Guesthouse Tagai [Google Map]
チャエクという田舎町にあるゲストハウス。 一泊 US$20 (¥2,243)。 シャワー・トイレは共用(あまり綺麗とは言えない)。部屋は清潔だった。ここは宿主が常駐していないので、到着前にTELする必要がある。朝食を頼むことができる。

メインストリートに標識が出ているが、分かりにくい。
20170807_121446_GuesthouseTagai.jpg

メインストリートから脇道を100m程入った場所にある。
20170807_121326_GuesthouseTagai.jpg

20170807_114958_GuesthouseTagai.jpg

20170806_221040_GuesthouseTagai.jpg

今回私が予約した時はチャエクでBooking.comから予約できるのはこの宿だけだったのだが、今は Guest house Eco Tour という別のゲストハウスも予約できる。Guest house Eco Tourも無料Wi-Fi、無料駐車場が利用できるので、次回はそっちにするかも。

Guesthouse Kunduz [Google Map]
キルギス南部の中堅都市ナリンにあるゲストハウス。一泊 US$45(¥5,047)。 普通のアパートの一室を貸し出している。 ここも宿主がいないので到着前にTELする必要がある。ゲストハウスである部屋の向かいの部屋に宿主のご両親が住んでおり、今回私はこのご両親に色々世話してもらった。 部屋の調度類はめっちゃ豪華(豪華すぎておいそれとは使えないレベル)。 アパートから200m程離れた場所に大きな鉄扉が付いたコンクリート製のガレージがあり、バイクを安全に停めることができる。あと朝食が付いている。

アパートの1階(一番手前の部屋)がゲストハウス。向かいの部屋(バイクが置いてある場所あたり)に宿主のご両親が住んでいる。
20170808_114736_GuesthouseKunduz.jpg

20170807_212602_GuesthouseKunduz.jpg

20170807_224310_GuesthouseKunduz.jpg

朝食。
20170808_105640_GuesthouseKunduz.jpg

ガレージ。扉の上下2ヶ所に南京錠で施錠できる。
20170808_114128_GuesthouseKunduz.jpg

ナリンには Booking.com で予約できる宿が10件以上あるが、また行くことがあればまたここを選ぶ思う。

Famylu club Royal-appricot [Google Map]
キルギスのイシククル湖南岸、バルスクーン(Barskoon, Барскоон) の近くにある貸家(全部で10軒程ある)。一泊 US$ 144 (¥16,185 ) と値が張るが、ありとあらゆる設備が整った豪華な家をまるまる占有できる。風呂はバスタブ付き。2階のベランダからイシククル湖を眺めることができる(が、湖岸から100m程離れているので、それほど良い眺めでもない)。ここのスタッフは英語が通じなかった(隣の貸家に宿泊していた英語を話せる他のロシア人観光客に通訳してもらった)。 町の中心部からはだいぶ離れており、徒歩圏内には買い物や食事ができる場所はない。

玄関側。
20170810_111934_FamyluClubRoyal-appricot.jpg

ベランダ側。
20170808_230038_FamyluClubRoyal-appricot.jpg

Guesthouse Kunduzよりもさらに豪華。
20170809_212032_FamyluClubRoyal-appricot.jpg

20170808_230430_FamyluClubRoyal-appricot.jpg

20170808_230530_FamyluClubRoyal-appricot.jpg

20170808_230518_FamyluClubRoyal-appricot.jpg

20170810_113022_FamyluClubRoyal-appricot.jpg

ECO-PARK Charyn Canyon [Google Map]
カザフスタンのチャリンキャニオン(Charyn Canyon)の奥底にあるリゾート施設。宿泊は、バンガロー、ユルト、ホテルの3タイプから選べる(あと、敷地内でテント泊もできる)。バンガローは一泊8000円くらいだったかな。ネットは使えない。トイレ・シャワーは共用。 ここだけ飛び込みで宿泊。
20170810_201048_ECO-PARK_CharynCanyon.jpg

20170811_095122_ECO-PARK_CharynCanyon.jpg

20170811_002226_ECO-PARK_CharynCanyon.jpg

キルギスツーリング: ソンクル湖

ソンクル湖 (Соңкөл)はキルギスのほぼ中央部、標高3,016mに位置する湖。周囲を標高4,000m近い山々に囲まれたキルギスの秘境。

ソンクル湖へのルートはいくつかあるが、いずれも高所の非舗装路を走ることになる。 今回私はチャエクからナリン(ナルイン)へ抜けるルートで訪れた(全213km)。
(写真付きGoogle Map)

途中で給油できないので、ガソリン5L分をペットボトルに入れて携行。 どういった道路状況なのかさっぱりわからないので非常に不安だったが、道はそれほど悪くなかった。ルートの途中で Kara-Keche峠 (3,384m)、 Terskey Torpok 峠 (3,132m)、 Jonbulak 峠 (3,018m)と3,000m級の峠を3つ走破。最初のKara-Keche峠を上るのに手間取ってしまったため、ソンクル湖をゆっくり見る余裕がなくなってしまった。


Kara-Keche峠をやっとの思いで上り切ると、遥か彼方にソンクル湖が見えた。今回のツーリングで最も感動した瞬間。
20170807_154136_SonKul.jpg

鏡の様な湖面が美しい。面積は琵琶湖の4割程。対岸までぐるっと見渡すことができる。
20170807_165116-165124_SonKul.jpg


湖畔に点在する遊牧民のユルト(モンゴルのパオみたいな住居)。
20170807_165736_SonKul.jpg

20170807_164034_SonKul.jpg

湖半には旅行者向けのユルトキャンプもあり、CBT(キルギス国内の旅行のサポートをしてくれるキルギスのNGO)で宿泊の予約ができる(ただし、ネットでの予約は不可で現地のCBTのオフィスでないと予約できないっぽい)。
20170807_163852_SonKul.jpg

20170807_163822_SonKul.jpg

私もユルトに泊まってみたかったのだが、日本から予約ができないので断念した。ソンクル湖畔で宿泊できれば湖一周といったこともできるし、ツーリングルートの立案も大幅に楽になるんだがなぁ。残念。


ソンクル湖に関するページ

theme : ツーリング
genre : 車・バイク

キルギスツーリング: Töö Ashuu (トウ峠)

Töö Ashuu (トウ峠, WikiPedia)はキルギスにある標高3,000m級の峠。キルギスの首都ビシュケクと第二の都市オシュを結ぶ交通の要所で交通量は多い。雰囲気は信州の志賀草津高原道路っぽい感じで、雄大な景色を楽しめる。標高が高いためキャブ車のDRZ400だと途中で何度もエンストしたが、どうにか上ることができた。
20170806_TooAshuu_Altitude.jpg

ビシュケクから80km、ソスノフカ の町を出たところにある料金所。通行料は5USドル(350ソム)。標高 1,200m。ここから峠まで50km。
20170806_144316_TooAshuuPass.jpg

しばらくは山間の緩やかな上り道が続く。
20170806_145840_TooAshuuPass.jpg

峠の15km手前 (標高 2,000m) 位からだんだん上りが急になってくる。
20170806_153548_TooAshuuPass.jpg

標高 2,600m地点。
20170806_154316_TooAshuuPass.jpg

標高 2,700m地点。
20170806_154928_TooAshuuPass.jpg

標高 2,900m地点。
20170806_160216_TooAshuuPass.jpg

廃墟が見えてきたらもうすぐ頂上。
20170806_160824_TooAshuuPass.jpg

峠の頂上部のトンネル北側入り口(標高 3,130m)。信号があるがこれは大型車に対するものなので、バイクや普通乗用車はいつ入ってもよい。
20170806_161206_TooAshuuPass.jpg

トンネルのすぐ手前の右側に峠の旧道が延びている。
20170806_171810crop_OldTooAshuuPass.jpg

20170806_171810-171804_OldTooAshuuPass.jpg

旧道からの眺めは正に絶景。
20170806_161732-161744crop_TooAshuuPass.jpg

20170806_161732-161744_TooAshuuPass.jpg

20170806_161816-161752_TooAshuuPass.jpg

トンネルの長さは2.7km。
20170806_172508_TooAshuuTunnel.jpg

トンネルの南側入り口。こっちは標高 3,180m。
20170806_172744_TooAshuuPass.jpg

峠の南側は眼下にスウサミールバレー(Suusamir valley)の雄大な景色が広がる。
20170806_175548-175612_TooAshuuPass.jpg

峠を下りる。標高 2,400m。スウサミールは左へ、オシュは直進。
20170806_181128_SuusamirValley.jpg



Töö Ashuu に関する記事


Google Map (写真付き Google Map)

theme : ツーリング
genre : 車・バイク

キルギスツーリング: Töö Ashuu 旧道

Töö Ashuu (トウ峠)にはトンネルを通らず、ガチで山を越えてゆく旧道が存在する(最高地点は標高 3,586 m)。翌日に通る Kara-Keche峠 (標高 3,384m の未舗装路) の予行演習として行けることろまで行ってみることにした。

トンネル手前右側の廃墟を通り抜ける道を上ってゆく。
20170806_171810-171804_OldTooAshuuPass.jpg

旧道は全く舗装されていない。廃道同然で、車で通るのは相当に困難だと思われる。
20170806_161830_OldTooAshuuPass.jpg

道の先に7~8人の少年?が歩いていた。遊牧民には見えないが…。とりあえず人が居ると安心だ。
20170806_161936_OldTooAshuuPass.jpg

スイスアルプスのハイキングコースの様な素晴らしい景色の中を走る(道もハイキングコース並みに悪いが)。草原には遊牧民のテントやユルトがあり、放牧されている馬があちこちにいる。
20170806_162334-162348_OldTooAshuuPass.jpg

道がだんだんガレてきた。普通であればこの程度のガレは何てことはないのだが、 ほとんどアイドリング状態で走っているため(空気が薄いのでアクセルを開けると混合気がガソリン過多となり、エンストする)、ガレキに乗り上げた瞬間にエンストしてしまう。エンジンの再始動もだんだん手間取るようになる。
20170806_162808_OldTooAshuuPass.jpg

標高 3,300m付近のガレ場で完全に手詰まってしまう。エアフィルターを外してみた(これによりエンジンに空気が入り易くする)が、効果はなかった。
20170806_164422_OldTooAshuuPass.jpg

できればKara-Keche峠の標高までは進みたい。バイクを置いて徒歩で道の先を偵察する。
20170806_163400_OldTooAshuuPass.jpg

とりあえず2つのガレ場ゾーンをクリアできれば、しばらく先まで走れそうだった。こうなりゃあの少年達にバイクを押してもらって進むことにしよう。
20170806_163728_OldTooAshuuPass.jpg

と思って後方を確認すると道沿いに彼らの姿はなかった。彼らは湖の方に行ってしまっていた。
20170806_163734_OldTooAshuuPass_crop.jpg

アテが外れた…。単独ではこれ以上先に進めないので引き返す。旧道を走破できるとはハナから思っていなかったが、思ったほど進めなかった(後日聞いたところによると、レンタルバイク屋の人も以前 Töö 峠旧道に挑戦したが、走破できなかったとのこと)。

単に引き返したのではつまらんので、私も湖の方へ下りることにした。

上から眺めて湖から旧道に戻るルートについて思案する。旧道から湖へ下りてゆく道は急な上にガレガレなので、そこを上って引き返すことはできない。草原の中をぐるっと回ってユルトがある方に向かえば、なんとかまた旧道に戻れそうだ。もしどこかでにっちもさっちも行かなくなったら、少年達やユルトの遊牧民に助けてもらおう。
20170806_163734-163748_OldTooAshuuPassLakeRoute.jpg

引き返し地点から湖に下りてゆく動画(再掲)。


湖畔にたどり着くと、少し離れた場所にいた少年たちがやってきた。彼らはKara-Balta (料金所があるソスノフカの20km北にある町)から遊びに来たとのこと。
20170806_165638_OldTooAshuuPass.jpg

20170806_165702_OldTooAshuuPass.jpg

少年たちに別れを告げ、できるだけ起伏のないルートを選んで旧道に引き返す(動画)。


20170806_170448_OldTooAshuu_Lake.jpg

20170806_170507_OldTooAshuu_Lake.jpg

20170806_170510_OldTooAshuu_Lake.jpg

20170806_170531_OldTooAshuu_Lake.jpg

20170806_170801_OldTooAshuu_Lake.jpg

無事旧道に引き返す。
20170806_171344_OldTooAshuuPass.jpg

20170806_171256_OldTooAshuuPass.jpg

Kara-Keche峠 を走れるのか、非常に不安が残る結果となってしまった。エアフィルターを外すという奥の手が全く効果がなかったのは非常にまずい。もしKara-Keche峠 を越えられないとなると、予定のツーリングルートが完全に崩壊してしてしまう…。


Old Töö Ashuu のルート (写真付きGoogle Map)

theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

キルギスツーリング: Terskey Torpok Ashuu

Terskey Torpok 峠はソンクル湖からナリンに向かうルート沿いにある標高 3,132 mの峠。
20170807_TerskeyTorpokAshuu_altitude.jpg


ソンクル湖を周回する道と Terskey Torpok 峠へ向かう道の分岐。ここから峠まで7km。
20170807_172410_SonKul.jpg

ソンクル湖自体が標高3,000mに位置するので、湖から峠への道はほぼ平坦で上りも緩やか(でもキャブ車のDRZ400だと、上りになったとたん急激に速度が落ちる)。
20170807_172544_TerskeyTorpokAshuu.jpg

この坂を上り切ったところが峠の頂上。
20170807_173606-173620B_TerskeyTorpokAshuu.jpg

周囲には雄大な高原が広がる。
20170807_174412-174426_TerskeyTorpokAshuu_cropped.jpg


これがTerskey Torpok 峠。標高差500mのぐねぐね道と、遠くJonbulak 峠(標高 3,018 m)まで望む景色が圧巻。
20170807_174156_TerskeyTorpokAshuu.jpg

キルギスにはこういったぐねぐねの峠道が他にもあるが、Terskey Torpok 峠が一番ぐねぐねが綺麗な感じがする。

このサングラスの兄ちゃんが上の写真を撮ってくれた。
20170807_174100_TerskeyTorpokAshuu.jpg

サングラスの兄ちゃんはキルギス人で、フランス人旅行者のドライバーを務めているとのことだった。
20170807_173938_TerskeyTorpokAshuu.jpg

シャンパンで祝杯を上げるフランス人旅行者。私にもシャンパンを勧めてくれたが、飲酒運転になるので遠慮した。
20170807_174322_TerskeyTorpokAshuu.jpg

この峠を登ってきたというフランス人チャリダー (Google Map) にソンクル湖で会った。どんなに大変だったか、想像もつかない。
20170807_174800_TerskeyTorpokAshuu.jpg

下から見上げると、上から見た時よりも斜面が急な感じがする。
20170807_175216_TerskeyTorpokAshuu.jpg

未舗装路だが、路面は荒れておらず走りやすい。
20170807_175420_TerskeyTorpokAshuu.jpg

20170807_175426_TerskeyTorpokAshuu.jpg

峠を下りると川沿いの道に出る(標高 2,600m)。この近くに滝があったのだがそれに気づかず、見逃してしまった。
20170807_175918_TerskeyTorpokAshuu.jpg

20km先のJonbulak 峠までは川沿いの平坦な道が続く。
20170807_180108.jpg


Terskey Torpok 峠に関するページ


Terskey Torpok Ashuuのルート(写真付きGoogle Map)

theme : ツーリング
genre : 車・バイク

キルギスツーリング: Jonbulak Ashuu

Jonbulak 峠はソンクル湖からナリンに向かうルート沿いにある標高 3,018 mの峠。
20170807_JonbulakAshuu_altitude.jpg

Terskey Torpok 峠とJonbulak峠の間の道は標高約2,600m、 ほぼ平坦で走りやすい。
20170807_181614.jpg

Terskey Torpok 峠を下りて5km、キャンプ場の様な施設があった。突き当りの山を左に行くとJonbulak峠。右は カラタル・ジャピリク国立自然保護区へ向かう。
20170807_180728.jpg

更に5km程進むと、Jonbulak峠の上り道が見えてきた。
20170807_182116.jpg

道は舗装されていないがコンディションは良く、走りやすい。
20170807_182556_JonbulakAshuu.jpg

振り返ると、遥か彼方にTerskey Torpok 峠のぐねぐね道が見える。
20170807_184436-184442crop_01_JonbulakAshuu.jpg

20170807_182416_cropped2.jpg

20170807_184448_JonbulakAshuu.jpg

20170807_184454_JonbulakAshuu.jpg


Jonbulak峠の頂上。標識が立っている脇道(手前)と丘に入ってゆく轍がある。
20170807_185014_JonbulakAshuu.jpg

20170807_184952_JonbulakAshuu.jpg

"COH KOΛ" はアルファベットに置き換えると "SON KUL" でソンクル湖を表す。
20170807_185228_JonbulakAshuu.jpg

標識に依ると、脇道は "TAP CYY (TAR SUU)"という場所に続いている様なのだが、この道も TAP CYY も Google Map, GPS地図、Kyrgyzstan Travel Mapのいずれにも記載されていない。景色は良さそうなのでこういった道も探検したいのだが時間がない…。
20170807_185020-185040_JonbulakAshuu_cropped.jpg

脇道の方へは進まず、轍に沿って丘を登ってみたが、標高3,060mでバイクが息切れして止まってしまった。ここに来るまでにもっと高いところを走ってきたので、まだ行けるはずだが…。2,3回エンストした所であきらめて、峠を下りてゆく。
20170807_185826-185832_JonbulakAshuu_2.jpg


緩やかな道を下ってゆく。
20170807_190224_JonbulakAshuu_cropped.jpg

20170807_190538_JonbulakAshuu.jpg

20170807_191338_JonbulakAshuu.jpg

峠の頂上から16km、幹線道路のA365/E125 に出る。ここからナリンまで50km。
20170807_192332_JonbulakAshuu_cropped.jpg


Jonbulak 峠に関するページ

Jonbulak Ashuuのルート(写真付きGoogle Map)

theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク