FC2ブログ

 キルギスツーリングの基礎知識: 気候

ざっと私が調べた限りでは気候の面から、キルギスをバイクツーリングできるのは7月中旬~8月中旬で、8月上旬がベストと思われる。

キルギスツーリング調査中に私が参考にしたShortWayRoundの人は6月にツーリングしているが、雪に見舞われたりしているのでマネすべきではない。

降水量
キルギスは地中海性気候に属し、夏季に雨が少ない。ビシュケクの8月の平均降水量は13mm、アルマティは30mm (京都の平均降水量が一番少ないのは12月で48.0mm)。

今回のツーリングでは、キルギスでは雨に降られなかったが、カザフでは初日と最終日のアルマティで雨に降られた(特に最終日、バイク返却直前に結構降られた)。

気温
キルギスの首都ビシュケクはほぼ札幌と同じ北緯43度、国全体の標高も高めということで防寒具をしこたま持って行ったのだが、標高3000mを越える峠でも寒いと感じることはほどんどなかった(ツーリング中に使用した防寒具はウィンドブレーカー1枚、しかも1回だけ)。平均気温で見るとビシュケクの8月は京都の6月中旬相当で、アルマティやビシュケクではごついサンド2ジャケットでは暑くて仕方がなかった。

実際、ツーリング中での服装や気温は以下のような感じ。

Töö 峠 旧道、標高3,245mで出会った地元の青年達。半そで。気温28度。
20170806_165702_OldTooAshuu_.jpg

Tosor峠の標高3,800m地点。16:50で気温25度。
20170809_165000_TosorAshuu3800m.jpg

標高3,016mの Son Kul湖で出会ったフランス人チャリダー。半そで。
20170807_164041_FrenchCyclists_SonKul_.jpg

一番寒かったのは今回のツーリングの最高地点 Söök峠(4,024m)で気温14度。(寒かったのは、標高が高いだけでなく、曇っていたせいもある)。
20170809_135102_SookAshuu_.jpg



ネットをあさっていたところ、私とほぼ同時期にキルギスを旅行していた日本人がいたことを発見。

遊牧民に憧れたからキルギスで臆病な馬に乗って旅を始めたバカだけど

上海から陸路でキルギスに入国したり、キルギスで馬を買って、馬に乗って旅行するなど、読んでいてびっくりすることばかりなのだけど、一番驚いたのは Son Kul湖(ソンクル湖)で吹雪に見舞われたということ(Son Kul湖の訪問時期は私と一週間くらいしか違わないと思われる)。

今回のツーリングでは防寒具の出番は皆無に近かったが、やはり防寒の備えは十分にしておく必要がある。
スポンサーサイト



WERIDE 三宅島エンデューロレース 2017

11/11に三宅島で開催された「WERIDE 三宅島エンデューロレース」に出場(一昨年去年に続いて3回目)。
http://challenge-miyakejima.com/17race_index.html

今回はオープンクラスでエントリー(チームエントリーではなく単独で走るのは初めて)。HMS浜名湖メンバーの名古屋のKさんも同じくオープンクラスでの参加。


サイティングラップ(レース前に行われる下見走行)時は良い天気だったのだが、その後の開会式中に大雨に見舞われる。大会本部のテント下で雨が止むのを待っている間に地元のおばちゃん達がイセエビ汁(めっちゃおいしい)を振舞ってくれた。レース開始時刻の11時になっても雨は降り続けていたが、11時15分頃になんとか雨が上がる。

スタート位置に着くが、まだガスっていてる。
20171111_111622_Weride三宅島2017

が、僅か一分後には晴れ上がり、青空が見えてきた!
20171111_111721_Weride三宅島2017

予定より20分遅れでレース開始。


一周目の動画。


スタート位置は悪くなかったのだが、発進直後にリアタイヤが横滑りしてアクセルを緩めたため、出遅れてしまう。そのせいでスタート後の上りで転倒した前走車2台に乗り上げて転倒(一台目は何とかなったが、2台目でフロントタイヤが横に弾かれてしまい耐えられなかった)。なんか三宅島のスタートは相性が悪い(一昨年もスタート直後に後方から突っ込まれて転倒した)。

ルートは去年とほぼ同じだが、溶岩原エリアの途中にウッズっぽいルートが追加されていた(動画の 7:58~9:41の区間)。このウッズ区間はスムーズに走れず、ペースが上がらなかった。一番の難所である溶岩原の上り斜面(動画の10:14~11:25あたり)は去年・一昨年よりも不用意な転倒が多かったが、一速でバランスを取りながら走ると具合が良いことにレース後半になって気づく。

どうにかこうにか、無事150分を無休憩・無負傷で走破。過去2回は最高で連続2周しか走ったことがないし、去年は1周走っただけで足が攣ったりと、体力が持つかどうかが一番心配だったが、竹芝埠頭までお見送りに来て下さった神奈川のYさん(去年のチームエントリーでペアを組んだが、今年は負傷中のためエントリーできず)御夫妻から頂いたアミノバイタルが効いたのか、体力的にはまだ余裕があった。

結果は周回数9周でオープンクラス40人中17位。総合の順位は確認し忘れたが、120人中54位くらいだと思われる(YouTube動画でオープンクラス18位の方が総合55位と書いてあった)。周回数が10周に届かなかったのがちと残念(去年のコースなら10周いけてたと思うが追加されたウッズ区間が足を引っ張った)。


三宅島エンデューロはレース後の表彰式で全参加者を対象に、バイク1台が当たるイベントがある。最初に5名が無作為に選ばれ、その5名でじゃんけん勝ち抜きという方式。

今年のバイクはKTMのSX85オリジナルデカール仕様。
ktm85sxmiyakejima.jpg

今回私は最初の抽選の5名に選ばれ、さらにじゃんけんで勝ってラスト2名一騎打ちということろまで勝ち進んだのが、そこで負けてしまった orz 。めっちゃ悔しい…。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク