FC2ブログ

これからちょっくら…

ニュージーランドに行って来る。MKスカイゲイトシャトルで関空に向かう。
20140802.jpg


昨日ふと思いついて、クライストチャーチ滞在中、スクーターをレンタルすることにした。クライストチャーチの空港で借りて、空港で返す、といった感じ。バイクのレッスンがある日はほとんど無駄になってしまうけど、レッスンの無い日の観光の足になるし、空港~市街の往復のタクシー代を考えると、費用的にもそんなに悪くないんじゃないかな。空港~市街の移動時に荷物(ツーリングバッグは17.5kg)をスクーターに載せるのがちょっと心配だが。
スポンサーサイト



クライストチャーチに到着

どうにかこうにかクライストチャーチに到着。

台風のせいで関空発の飛行機の出発が30分遅れるし、広州空港が悪天候で空港上空で旋回待機になるし、 広州発の飛行機は搭乗した後で出発まで1時間も待たされたし、となんかdelayばっかの空の旅になってしまった。 でもクライストチャーチには当初のスケジュールどおりに着いたけどね(乗り継ぎの待ち時間が長かったので)。

今回のクライストチャーチ滞在中はHagley Park Motelというモーテルに宿泊。管理人さんは非常に気さくで親切な方で、しかもDucatiに乗っているとのこと。クライストチャーチから南に1時間半程のアカロアまでの道がとても景色が良いのでツーリングに強くお勧めと話していた。 部屋は広くて快適。

こっちの気温は思ったほど寒くないというのが第一印象だが、天気予報によると今晩は-2度まで下がるらしい。

日本との時差は+3時間(NZの午後3時が日本の正午)。

Four Day Extreme Enduroコーチング終了

なんとか無事、4日間のコーチングを終了(当初は3日間の予定だったけど、もう1日追加した)。
内容的にはマンツーマンの付き添いで「Four Day Extreme Enduro」のコースを走るといった感じ。結構きついところもあったが、ニュージーランドの美しい景色の中を存分に走って楽しめた4日間だった。

以下1日目~3日目の写真。
20140804_075038.jpg

20140804_100840.jpg

20140804_124542.jpg

2014-08-05-18h48m22s222.jpg

2014-08-05-18h49m04s130.jpg

2014-08-05-18h54m09s253.jpg

2014-08-05-18h41m14s63.jpg

2014-08-06-18h31m22s74.jpg

2014-08-06-19h14m38s22.jpg

2014-08-06-18h41m40s180.jpg

2014-08-06-19h53m07s78.jpg

2014-08-06-20h18m34s113.jpg

2014-08-06-18h51m22s159.jpg

Four Day Extreme Enduro動画

1日目の最後、私がgive upして引き返すところ。


2日目の午前、山頂を目指して走っているところ。


2日目の午後、別の山頂を目指して走っているところ。

(2014/8/10) 2日目午前の動画を追加。

とりあえず無事帰宅

日曜の夕方、関空に到着。台風11号のせいで関空着が4時間遅れてしまった。

大きな怪我はないけど、あちこちを内出血しているし、右手の親指付け根付近を打撲していて70%くらいの握力しか出ない。 あと手と顔をサンドフライに食われてしまって非常に痒い。

Grenvilleさんに帰宅の報告と感謝のメールを送ったところ返事が来た。

君が楽しんでくれて本当にうれしいよ。
写真をCDに焼いて送るよ。枚数が多いし、縮小しないもとのサイズのままの方がいいだろうし。来週には届くだろう。
オフロードライディングに関して何か質問や私にできることがあれば、何でも訊いてくれ。

KTMのFreeride 350に乗ってみたんだけど、マフラーから触媒を抜いたところ、エンジンがパワフルになって走りもよりいい感じになった。エンジンパワー、サスペンション、ハンドリング、軽い車体、とすごくいい感じのバイクでとても気に入ったよ。このバイクをツアーで使えるとしたら、君は使いたいと思うかな?

Freeride 350は山道を走るのに特化したバイクで、今回の「Four Day Extreme Enduro」ツアーの様なライディングにはぴったりだ。ぜひ乗ってみたいねぇ。

ニュージーランド(&オーストラリア)へのオフロードブーツの持込について

先日のNZコーチングの動画・写真、GPSデータの整理に時間がかかっているので、しばらくコーチングそのもの以外のネタを書いていく。
ニュージーランドやオーストラリアは海で囲まれて孤立しているので、国外からの動植物・食品・土、等の持ち込みが厳しくチェックされる。特にニュージーランドは厳しい。バイクツーリングのためのライディングブーツやテント等を持ち込む際には、きちんと申告しなければならない。

飛行機でニュージーランド(オークランド国際空港)に到着して受託手荷物を受け取るために ターンテーブルのところで待っていると、こんなアナウンスが流れてくる(英語で)。

ニュージーランドはバイオセキュリティにめっちゃ厳しいからね。入国審査カードの第5項にはちゃんと記入してね。虚偽の申告をするとその場で最低でも400NZドル(約35000円)の罰金だからね。マジだよ。


これがその入国審査カード(裏面。原本はこちら。)。
20140803_131704mods.jpg

ピンボケでちょっと見にくいけど、上の方に第5項があり、動植物・食品・土の付着の恐れのあるもの等を持っていないかチェックされる。ライディングシューズやテント等を持っている場合は、白い矢印で示している

Items that have been used outdoors, such as boots, golf or sports shoes, tents, used camping, hiking or sports equipment?
(ブーツ、ゴルフ・スポーツシューズ、テント、使用済みのキャンピング・ハイキング・スポーツ用品、といった屋外で使用されたもの)

の"Yes"にチェックを入れる(後述のとおり絶対にバレるので正直に申告すること!)。

受託手荷物を受け取って検疫へ進むと、全ての荷物をX線検査に通される。受託手荷物に入れてあるブーツ等はここで確実に見つかる。

「これ、ブーツ入っているよね。え、ライディングブーツ?オフロード?じゃ、確認が必要だね。」

で、脇のテーブルの上で手荷物を広げてブーツのチェックをされる(特に靴の裏をチェックされる)。

ちなみに私以外にも、ハイキングシューズを持っていた人や、お土産用?のクッキー等のお菓子を持っていた人もチェックされていた。

もしブーツ(やテント)に土がついていたら没収される恐れがあるので、出発前に入念に洗っておくこと!


(補足1) 正確には、
入国審査カード記入 → 入国審査 → 受託手荷物受け取り → 検疫
といった順番で、入国審査の段階でも簡単に第5項のチェックを受ける。昨年11月のNZツーリングの時はライディングブーツを履いて入国したので、入国審査のところでブーツの底を目視で確認されただけで済んだ。

(補足2) 入国審査カードはX線検査の所で回収される。(今回私が通過した時は)カードを回収した人はX線検査をしている人には何も伝えていなかった。

(補足3) NZの検疫のチェックの厳しさについて書いた記事を2つ挙げておく。
http://ameblo.jp/downtowndesk/entry-11333877006.html (2012年8月に罰金を食らったニュースの話)
http://www.wmo.co.jp/fn96.htm (10年くらい前の記事と思われるが、詳しく書いてある)

タソック (tussock)

ニュージーランドの荒地で良く見かけるこの草の名前を調べたところ、タソック (tussock)ということが判明(私の中ではこれまで「ポンポン草」と呼んでいた)。
20140805_110138b_tussock.jpg

へたに乗り上げるとハンドルを取られるし、後ろに石が隠れていることがあるので、ちょっと危険でうっとおしい。

[タソックのGoogle画像検索]

タソックについて書いてある記事
http://www1.ocn.ne.jp/~sazanka/NZ-tour-10.html
http://4travel.jp/travelogue/10048954

Adventure Trailrides Enduro Coaching 写真

Adventure Trailrides のGrenvilleさんから 写真入CD-ROMが届いたので、いくつか上げておく。Adventure Trailridesのロゴ入り帽子も付いてきた。

1日目。後ろは自分のKTM Freeride350で参加のPaulさん(PaulさんはKTMを4台も持っているとのこと)。
20140804_100010_Day1.jpg

2日目。午前の最初に上った山[YouTube]の山頂で。
20140805_065942_Day2_TopOfMountain_Panorama.jpg

左の向こうに見えるのが午後に上った山[YouTube]
20140805_070046_Day2_TopOfMountain_Panorama.jpg

20140805_070210_Day2_TopOfMountain.jpg

2日目。雑木林で上り下りの練習。ひざが曲がっているし、脇が閉まっているし、視線が下を向いているし、とダメダメなライディングフォーム。何度も「Don't go slow!」と注意されたのだが、走る位置が10cmずれたら斜面の下に落ちるので、ずっとへっぴり腰のままだった orz (写真でみると大して急な斜面でもないんだけど)。
20140805_084822_Day2_Forest.jpg

転倒!
20140805_085132_Day2_Forest.jpg

3日目。深い水溜りにハンドルを取られる。
20140806_094718_Day3_Forest.jpg

川渡り。
20140806_114138_Day3_RiverCrossing.jpg

手前は3日目に一緒に走ったMikeさん。
20140806_120750_Day3_RiverCrossing.jpg

20140806_131126_Day3_RiverCrossing.jpg

4日目。雨の湿地帯の奥にある山小屋で。
20140807_082830_Day4.jpg

Adventure Trailride, New Zealand

Adventure Trailrides はニュージーランドのクライストチャーチにあるアドベンチャーバイクツアー会社。 ツアーディレクターのGrenvilleさんは元オフロードレースの選手で、クロスカントリーでニュージーランド国内チャンピオンに輝いた経歴の持ち主(1)

ツアーは半日のものから最長10日間のものまで色々。
Half Day Novice Tour
1 Day Mountain Tour
2 Day Hillrun Tour
3 Day Alpine Springs Tours
4 Day McKenzie High Country Tours
4 Day Extreme Enduro
5 Day Canterbury Trails Tours
6 Day High Country Trails Tours
10 Day South Island Safari Tours
基本的にはクライストチャーチから車で1時間くらいの山や丘陵地帯、川、浜辺を走る。

またツアー以外にも Coaching (マンツーマンのレッスン)を受けることもできる(今回私が参加したのはこのCoaching)。

ツアー代金はコースやレンタルするバイク(2)で変わるが概ね1日当たり5万円前後。 5 Day, 6 Day のツアーは開催日が決まっているが、それ以外のツアー・コーチングは要望に応じて開催される。

Adventure TrailridesのFacebookのアルバムに大量の写真がある。
https://www.facebook.com/AdventureTrailridesNZ/photos_stream
見ての通りかなり険しい場所も走るので、ツアーの難易度は結構高い。今回の私のようにCoachingで申し込んで、「マンツーマンのガイドつきツアー」みたいな感じで参加するのが一番良いと思う。

ツアーの開催日・内容等はこちらの要望に応じてくれるので、例えば1週間のNZ滞在で5日間はレンタルバイクでツーリングして、1日だけ Adventure Trailrides のツアーを走る、といったこともできる。

日本の夏休みは向こうは真冬で雪山の絶景を拝めるベストシーズンだ(ただし路面がwed & muddyなので難易度は上がるけど)。 NZまでの航空券代、宿泊費(ツアーだとの宿泊費が含まれているが、コーチングだと別)も入れると高い出費になるが(3)、NZの美しい景色の中を走るのは本当に素晴らしい体験なので、絶対に損はない


(1) オーストラリアのレースにもよく遠征していたとのこと。 「オージーはwetやmuddyに弱い。雨が降ったらいつもニュージーランド勢が勝っていたよ。」だそうです(^^;)。

(2) オフロードバイクだけでなく4輪バギーを選ぶこともできる。

(3) 1週間で45万円くらいかな。

[Adventure Trailrides Coaching動画] Sit forward, further! (前に座る!もっと前!)

オフロードバイクは前に座るのが基本中の基本だが(Grenvilleさん曰く「ステップより後に座るな!ステップより後ろのシートは必要ない!」)、Coaching 2日目にその点について注意された時の動画。


この時は急な斜面を上りきった直後だったのだが、着座位置の真下にステップ(foot peg)が来るようにするため、上りでは普段以上に前に座る必要がある。この動画では、燃料キャップの上に座るくらい前に移動したところでようやく「Perfect!」
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク