FC2ブログ

立山雪の大谷

もうだいぶ前のことだけど、4月19、20日に職場の同僚N氏と一泊二日で立山に行ってきた。目当ては「雪の大谷」。今年の立山高原バスの全線開通は4月16日(水)で、全線開通後最初の週末ということで混雑が予想されたが、思いの外すんなりと行けた。室堂高原の雷鳥荘に宿泊。


19日の朝7時にN氏のX-TRAIL号で京都を出発、北陸道の流杉スマートICで降りる。12時過ぎに立山駅に到着。

立山駅ではあまりの団体観光客の多さに、ケーブルカーに乗るのにどれだけ待つことになるかとかなりあせった。が、幸い立山黒部アルペンルートの駅の改札は個人旅行客と団体旅行客で分かれていて、 団体客の方はごったがえしていたが、個人客の方はガラガラだったので、すぐに乗れた。

今回は 立山駅~美女平~室堂~大観峰~黒部平~黒部ダム を往復したが、乗車待ちしたのは黒部平→大観峰の立山ロープウェーだけだった(ここは一時間待ち)。


美女平~室堂の立山高原バス。美女平駅を出発した時は前のバスが見えないくらいガスっていた(ちゅうか、雲の中だった)が、標高が上がると晴れてきた。
20140419_125408.jpg

1時過ぎに室堂ターミナルに到着。
20140419_130040.jpg


室堂ターミナルの外にあった看板。気温-2℃とのことだが、それ程寒く感じない。積雪15mって…。
20140419_135558.jpg

ちなみに去年の8月末の立山登山時[651]の大谷の写真がこれ。
20130831_112307.jpg

今はこれ。
20140419_132846.jpg

室堂ターミナルから歩いて数分でこんな感じになる。
20140419_135426.jpg

赤い矢印の縦看板が一番雪が深いところ。
20140419_135048.jpg

台湾/中国、韓国、タイ、シンガポールなど、海外からの団体ツアーの観光客も多い(多分日本人観光客より多い)。
20140419_135320.jpg


雪の大谷の説明。
20140419_132400.jpg

20140419_132528.jpg


雪の大谷の途中に、車道から外れて雪の上を歩く散策路がある。
20140419_131452.jpg
この雪の道はあまりの眩しさに目を開けていられない(私もN氏もサングラスを持ってきていなかった)。30mと進めず引き返した。

室堂ターミナルから雷鳥荘までは2km程雪原を歩くので、サングラスなしでは到底たどり着くことはできない。幸いこの後、室堂ターミナルの土産物売り場でサングラスを買うことができた(山の上なのに1000円という超良心価格。あの時の状況では5000円でも買ったと思う。)。

はるか眼下に雲海が広がる。あの雲を越えてきたわけだ。
20140419_133604.jpg


雪の大谷は人が多く、なかなか思うように写真が撮れない。明朝の第一便のバス(朝8時半に室堂ターミナル着)が来る前だったらほとんど人がいないだろうということで、室堂ターミナルに引き返す。

室堂ターミナルのすぐ隣の自然保護センターへの道。こっちは人が少ない。
20140419_143934.jpg

遠回りになるが、室堂山荘に寄ってみた。
20140419_150326.jpg


雷鳥荘に向かう途中で雷鳥を発見!
20140419_154030.jpg

全部で4羽。
20140420_080216.jpg

距離2~3mくらいまで近づくことができた。
20140420_080252.jpg

雷鳥を撮影する人々。
20140420_080846.jpg


N氏が撮影した雷鳥の動画。鳴き声も入っている(なんかカエルっぽい)。

4時過ぎに無事、雷鳥荘に到着。
20140419_161526.jpg
宿泊客のほとんどは雪山登山屋か山スキーヤーっぽかった。

個室が取れなかったので相部屋。1泊2食付で9200円。 20140419_164358.jpg

室堂山荘、みくりが池温泉の方が室堂ターミナルからの距離は近いが、両方とも満室だった(室堂ターミナル内にもホテルがあるが、1泊5万円以上するので選択外)。 去年の夏泊まった室堂山荘よりも、雷鳥荘の方が食事と風呂(温泉付き)が良いと感じた。


雷鳥荘の下の雷鳥沢キャンプ場。気温が氷点下だというのにテント泊の人がいる。
20140419_161846.jpg


翌20日の朝。真砂岳を登る登山者がいた。
20140420_074520.jpg

室堂ターミナルに8時半前に到着したのだが、なんと雪の大谷に入れるのは9時半からなのであった orz。仕方がないのでこの後黒部ダムへ向かった。
スポンサーサイト



立山パノラマ写真館

いずれもサイズが大きいので注意(縦が1024px)。


雪の大谷の脇道。眩し過ぎてサングラスなしでは歩けない。
20140419_131212p.jpg

雪の大谷の脇道と室堂ターミナル。
20140419_133916p.jpg

室堂ターミナルから室堂山荘へ向かう。雪のない夏場と違って一直線で行ける。
20140419_145038p.jpg

室堂山荘からみくりが池温泉への途中。サングラスなしでは失明の恐怖を覚える程の眩しさ。写真中央の窪地はみくりが池。
20140419_150358p.jpg

眼下に雷鳥荘。すぐ向こうの地獄谷温泉の噴煙の硫黄のためか、雷鳥荘の周りの雪はちょっと黄色っぽい。
20140419_151734p.jpg

みくりが池。凍りついた湖面を歩いた人がいる。
20140419_151850p.jpg

雷鳥荘に向かう途中。
20140419_152930.jpg

雷鳥荘に向かう途中。左端は雷鳥を撮影する人々。なんか皆さん凄いレンズを持ってる。
20140419_155904p.jpg

雷鳥荘の前。眼下に雷鳥沢のキャンプ場。
20140419_161618p.jpg

雷鳥荘の前で御来光を拝む。気温は-5℃とめっちゃ寒い。賽の河原(写真中央やや右の沢)に登山者がいる。
20140420_062648p.jpg

See you there!

Yamaha Motor New Zealand のプロモーション動画。調べたところ撮影場所はQueenstown郊外っぽい。またニュージーランドに走りに行きて~。


…まぁ、また行くのはほぼ確定だが(バイク絡みだけどツーリングではない)。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク