FC2ブログ

Slope Point

Slope Point はニュージーランド南島の最南端。インバーカーギルの東75kmあたりにある。

Slope Pointの手間20kmくらいはダート道。
20131121_061524.jpg
上の標識にあるとおり Slope Point に宿がある。レンタルバイク屋さんの知り合いがやっているとのこと。

最南端までは牧草地を20分ほど歩く。
20131121_063008.jpg

あった!
20131121_065548.jpg
赤道まで5、140km、南極まで4、803km。

手持ちのGPSと緯度・経度を比較する。度・分は一致してるけど、秒がずれてる。
20131121_064548.jpg

15m程離れた地面にカメラを置いて自動シャッター(10秒)で写真を撮るが、ごついオフロードブーツを履いているので走りにくい。

間に合わなかったの図 orz。
20131121_065852.jpg

3回目でようやく成功。
20131121_070342_01.jpg

パノラマ写真。Google Mapと見比べた感じでは、このパノラマ写真の右端に写っている岬の先端が本当の最南端っぽい。
20131121_070540p_SlopePoint_fused.jpg


"Slope Point"の標識がある場所はいまいち「最南端」感に乏しいので、頑張ってここまで来る価値は正直言ってあまりないかな。


Slop Pointへのルート(写真付きGoogle Map
スポンサーサイト



theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

Tasman Valley Walk

マウントクック村の近くにタスマン氷河という(今のところ)ニュージーランド最大の氷河がある。

マウントクック村からプカキ湖方面に1km程引き返し、分岐を左に入る。
20131117_094358_TasmanValley.jpg
前を走る車の砂埃が酷い。

固いフラットダートの道を7kmちょっと北上。2WDの車でも問題なく走れる。ちゃりで走るツワモノもいた。
20131117_094906_TasmanValleyHigh.jpg

タスマン湖の駐車場。
20131117_104430.jpg

駐車場から展望台までは徒歩20分程度だが、道が急で結構疲れる。
20131117_101316.jpg

展望台に到着。左から右に、タスマン氷河、タスマン湖、タスマンバレー、タスマン川、Blue Lakes。湖に小さな氷山が浮かんでいる。湖の水が白濁しているのがちょっと残念。
20131117_102158p_TasmanLake_18mm_360_5677x720.jpg
(画像サイズ: 5677x720, 1.57MB)

どこに氷河があるのかと思ったら、湖の奥にある黒っぽいのが氷河なのであった。
20131117_101910.jpg

ここ最近、タスマン氷河は毎年500~800m程後退しているとのこと。あんなに黒く汚れていたら、日光吸収しまくりで解けちゃうよなぁ。
20131117_101844.jpg

タスマンバレー、タスマン川方面の眺め。
20131117_103708.jpg


バイクやレンタカーで旅行しているなら、アオラキ/マウントクックのついでに寄ることをお勧め。 あと、タスマン湖をゴムボートでクルーズするグレイシャー・エクスプローラーというツアー(マウントクック村のハーミテージホテル発着)もある。

タズマンバレーのルート(写真付きGoogle Map

theme : ツーリング
genre : 車・バイク

Beyond The Edge

Beyond The Edge」はニュージーランドの登山家エドモンド・ヒラリー卿とシェルパのテンジン・ノルゲイによる1953年のエベレスト世界初登頂をテーマにしたドキュメンタリー風の映画。NZでは2013年10月22日に劇場公開された。日本では「天空の頂き」という題で今年の6月28日に劇場公開される。私はNZまでの機内で(何回も)見た(ただし日本語訳なしの英語版)。


YouTubeにオフィシャルトレーラーとメイキングムービーがあった(いずれも英語)。





なんというか非常にあっさりとした映画。この映画の登場人物には台詞がなく、ヒラリー卿本人や当時の関係者によるナレーションが入るだけ。足を滑らせて滑落するシーンや、クレバスを飛び越えようとしたら着地点が崩れてクレバスに落ちるシーンとか、いくつか危機的なシーンもあるけど、その次のカットでは何事もなかったかのごとく別のシーンに移ってしまう。

映画は3D版もあるので、映画館では雄大な景色や登山シーンを迫力のある3D映像で楽しむことができそうだが、(機内で見た)2D版だと、率直に言って、ヒラリー卿に思い入れのあるNZの人やよほど登山が好きな人でない限りは、「これで金を取るか」と思ってしまうかも。

まぁ機内の小さなディスプレイで見ても、ヒラリーステップのシーンは迫力があったし山頂に立つシーンは感動的であった。私は山岳風景が好きなので、3D版が日本で公開されたら見に行こうかな。


ps)メイキングムービーによると、登山シーンの撮影はヒマラヤではなくNZ内で行われたようだ。

TSSアーンスロー号(TSS Earnslaw)

TSSアーンスロー号(TSS Earnslaw)はワカティプ湖[634]をクイーンズタウンから対岸のウォルターピークステーションまで往復する遊覧船。南半球で唯一現役の「石炭を燃やして走る蒸気船」ということで、クイーンズタウン観光の目玉の一つ。普通はウォルターピークステーションまで行ってバーベキューや羊の毛刈りショーなどを楽しんでまたクイーンズタウンに戻ってくるという往復ツアーになるが、今回私はバイクごと乗船してウォルターピークステーションから Von Road (全長70kmのオフロード)を南下した。

なおレンタルバイク屋さんの話によると、ワカティプ湖の水位によってはバイクの乗船ができないこともあるとのこと。


アーンスロー号はReal Journeysという所が運営している。 GPSでReal Journeysを検索してそのナビゲーションに従ったら、なぜか QBookという旅行代理店に着いた。
20131119_124308_Qbook.jpg

QBookは「地球の歩き方」にも出ている旅行代理店だけど「地球の歩き方」の地図だとReal Journeysのオフィスはワカティプ湖沿岸なので別物だ。QBookでもアーンスロー号の手配を行っていたし、スタッフが日本人で色々相談できるので、ここで翌朝10時発の便を申し込んだ。 値段は良く覚えていないが、バイクの輸送料込み・片道で60ニュージーランドドル(5000円)くらいだったかな。


翌朝、早めに湖岸のReal Journeysのオフィスに向かう。
20131120_050621_QueensTown_TSSEarnslaw_BeforeBoarding.jpg

Real Journeysの裏手のカフェの間を通り抜け、アーンスロー号の方へ。
20131120_050707_QueensTown_TSSEarnslaw_BeforeBoarding.jpg

船員さんが桟橋とスロープを設置してくれる。
20131120_050756_QueensTown_TSSEarnslaw_BeforeBoarding.jpg

どうにかこうにか、F800GSで船内に乗り込む。乗船時のGoProの撮影ができていなかった。無念。
20131120_054110B.jpg

船内は狭いし、桟橋と船内で10cm以上の段差があるし、床が清掃したてで濡れていて滑るしと、ほとんど足が付かないF800GSで乗り込むのはかなり神経を使った。もう1回やれと言われてもできる自信はない。
20131120_055216.jpg

まぁF800GSに乗ることはもうないと思うけど。


出航前のアーンスロー号。
20131120_051528.jpg

アーンスロー号の説明。1912年製なのでなんと100年以上前のシロモノだ。
20131120_054024.jpg

燃料の石炭を積んだトラック。
20131120_054812.jpg

乗船開始。一人ひとり写真を撮ってくれる。私も撮ってもらったけど、そもそも私は片道なので写真を受け取ることができないのであった。
20131120_054934.jpg



出港!ウォルターピークステーションまで約45分の船旅。
20131120_060428.jpg

クイーンズタウンとはこれでお別れ。調査不足であまり観光できなかったのが残念。
20131120_060724.jpg

船からの眺めはまさに絶景。
20131120_062818p_LakeWakatipu_fused_H0800B.jpg

20131120_062144.jpg

20131120_063550.jpg

20131120_061852.jpg



船内の様子。

船内には立派なバーがある。
20131120_062640.jpg

機関室を上から見ることができる。男性が石炭を釜に放り込んでいる。この人がこの船を動かしている訳だよな。
20131120_060837_TSS_Earnslaw_EngineRoom.jpg

アーンスロー号の運行100年を記念して英国王立造船学会より贈呈されたレリーフ。
20131120_062924.jpg

船首部分の部屋にサイクリング用のチャリが多数おいてあった。ウォルターピークステーションの先はオフロードだというのにどこへ行くのだろう。
20131120_063114.jpg



ウォルターピークステーションが見えてきた。"ステーション"といっても、駅ではなく牧場。
20131120_063728.jpg

接岸直前。
20131120_064030.jpg


乗るのが大変なら、下りるのも大変だった。車体左後部が支柱に当って思うようにバイクを寄せられないので最後は段差を斜めに乗り上げるという荒業で下船。



ウォルターピークステーションに停泊中のアーンスロー号。
20131120_064918.jpg

レンタルバイク屋さんの話によるとウォルターピークステーションのオーナーさんはとても楽しい方らしい。今回私は何も見学しなかったが、カフェもあるようなのでコーヒーくらい飲んでいけば良かったな。
20131120_064930.jpg

チャリダーは Von Road へ去って行った。何かの競技かツアーだろうか。
20131120_065012.jpg



TSSアーンスロー号のルート(写真付きGoogle Map

theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

NZツーリング絶景写真館(8): その他色々

Rakaia River
クライストチャーチからR72 Inland Scenic Routeを西に走っていると出くわす川。
20131116_133946.jpg

20131116_134014.jpg

Von Road
ワカティプ湖のウォルターピークステーションから南下する60kmほどのダート道。今回は天気がいまいちだったのが残念。 20131120_074402.jpg

20131120_080202.jpg

Glenorchy
クイーンズタウンの北にある、ワカティプ湖沿いの小さな町。
20131119_133854.jpg

20131119_133352.jpg

VFR800Fを見てきたの巻き

3月22日、大阪南港で開催された大阪モータサイクルショーでVFR800Fを見てきた。
20140322_113418.jpg

ぱっと見の印象はスリムでコンパクト。またがってみたところ、車高が低く両足べったりと足つきは格段に良くなっていた。あとハンドル位置が少し遠のいたような感じがした。

ハンドル部分。左ハンドルの上についているのがトラクションコントロールのスイッチだろうか。
20140322_113740.jpg
VFR1200と同じくウィンカースイッチがホーンの下にある。これは絶対に止めて欲しかったなぁ。
私の感覚からすると、使用頻度は
ウィンカー > ハイビーム/ロービーム切り替え > ホーン
なので、ウィンカーとハイビーム/ロービーム切り替えが近接している現行のVFR800の方が好ましい。


微妙に伸びた鼻先がなんか Ducatiの 1199 Panigale っぽい。
20140322_152304.jpg

(参)これが Panigale。
20140322_150744.jpg



とりあえず今乗っているVFRが元気な間は乗り換えることはないな。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク