FC2ブログ

立山登山ツーリング

一年ぶりに右肩の針金が抜け、右足踝の骨折が一応治り、とりあえず万全(?)の体に戻ったので、立山登山ツーリングを企画。8月24日の週末は雨で断念。 8月31日、台風15号が接近する微妙な天気であったが、夕方までは雨が降らずに持ちそうだったので決行。


朝5時半頃に宇治の自宅を出発、北陸道・富山ICを目指す。この日は朝から異様に暑く、敦賀あたりではまだ7時過ぎで気温29度であった 。


09:40頃に立山駅到着。駐車場(無料)では誘導員の方に歩道に停めるように言われた。夕方には大雨が降るはずなので、カバーを掛けておく。強風で飛ばないように念入りに縛る。


標高475mの立山駅(10:08)。立山駅~室堂は往復で4,190円。


ここから立山ロープウェイで標高977mの美女平まで上がる(10:16)。


美女平で11:00発の立山高原バスに乗り換えて室堂へ。


美女平~室堂間のアルペンルートは絶景…のはずなのだが、今回はガスっていて景色はいまいち。

弥陀ヶ原(この写真だけ 9/1撮影)。


ソーメン滝。



標高2,450m、室堂高原に到着(11:55)。


室堂ターミナルから徒歩10分の室堂山荘(12:14)。ここに1泊(2食付個室で9,980円)。まだ12時過ぎと早い時間だったが、部屋に入らせてもらえた。

上の写真で、中央やや右上の鞍部が一の越山荘。室堂山荘の上方の山頂が雄山神社と山小屋。


室堂山荘に余分な荷物を置いて、雄山を目指して出発(12:40)。


幅30m程の雪渓をトラバース(12:53)。


遠方に室堂山荘(13:00)。だいぶ雲が近づいてきた。



一の越山荘(標高 2,700m)に到着!(13:14)。


少しの休憩後、雄山山頂を目指して一の越山荘を出発(13:26)。



浮石の多い斜面を登る。ガスで周りの景色は全く見えない。


下山客は雄山神社の鈴の付いた赤い札を付けているので、ガスで見えなくても鈴の音で分かる。



雷鳥がいた!(13:46)。距離は3m程。


すぐ近くにもう一羽いた。つがいかな。


雷鳥が見られるとは運がいい。天気が悪かったおかげかな。

だんだんすれ違う下山客が少なくなってくる。岩に書かれたペイントを探して自分でルート探査(14:06)。


雄山山頂の山小屋に到着!(14:11)。風が猛烈に強い。山頂には15人くらいの登山客がいた。


社務所で雄山神社の登拝券(500円)を買う。鈴付きの赤いお札も貰える。

山小屋内で登山安全のご祈祷を受ける(本来は雄山神社でやるのだが、この時は強風のため山小屋内での祈祷となった)。

雄山神社入り口。


標高3,003m、雄山山頂の雄山神社。神社の方がお賽銭を回収するの図。


山頂に立ったものの、景色は全く見えない。


14:52に下山開始。


16:04、雨に降られる前に無事室堂山荘に帰還。


この後、18時前くらいから暴風雨が吹き荒れる。

室堂山荘は200名宿泊可能だが、夕食・朝食で配膳されていた数からするとこの日の宿泊客は30名くらいかな。


翌9月1日は 06:40頃に室堂山荘を出発、室堂ターミナルへ。室堂から美女平へのバスの始発は8時だったので、1時間ちょっと室堂ターミナルで時間をつぶす。


立山駅に着いたのは9時過ぎ。当初の見立てでは9時~12時くらいは雨は降らないと読んでいたのだが、小雨が降っていた。バイクはちゃんとカバーがかかったままだったが中に水が染みていて、タンクバッグやグローブが完全に濡れていた。
帰りの北陸道は所々大雨に見舞われる。遠回りになるが東海北陸道経由だと雨を避けられたっぽい。最後の読みを誤ったが、なんとか午後2時頃に自宅に無事帰還。

登山ルート(写真付きGoogle Map)


(2013/09/03追加) ps. 行き帰りの高速道路走行中はずっと眠気覚ましガムを噛んでいたので、こめかみあたりが筋肉痛?になってしまった。食事をするとこめかみが痛い…。
スポンサーサイト



ニュージーランドツーリング2013

11月に少し(かなり?)遅めの夏休みを取って、ニュージーランドを走ることにした。

2011年のオーストラリアツーリングで複数のオージーからニュージーランドもぜひ訪れるよう勧められていたので[538]、いつか走りに行こうと思っていた。

今回はクライストチャーチのレンタルバイク屋でバイクを借りて、一人でニュージーランドの南島を一週間ほど走り回る。


関西からクライストチャーチへの直行便がないのと、航空券の手配が遅かったのとで(ぶっちゃけ一昨日に取った)、ニュージーランドまでの経路・日程がいまいちなものになってしまった。

行き: 伊丹(11/15 金 14:45)→成田→オークランド→クライストチャーチ(11/16 土 12:50)
帰り: クライストチャーチ(11/23 土 06:00)→オークランド→成田(11/23 土 16:55)

(11/16 日本発、11/24 日本着の便はもう取れなかった。成田から京都への帰りは自分で手配する必要がある。)


まぁ兎にも角にも怪我しないようにしないとね。

レンタルバイク in ニュージーランド

今回はクライストチャーチにある City Motorcycle Rentals でバイクをレンタル。 予約は日本語メールでOK。対応も速い(土曜日に予約のメールを送ったら、その日のうちに返事が来た)。

この店はバイクの種類が豊富だ。BMW R1200GS や YAMAHA Super Tenere といった超大物もレンタルできる。
http://www.nzmotorbike.com/RentalBike.html

で、私がレンタルするバイクであるが、 BMW F800GSYAMAHA XT660 Tenere のどちらにするか散々悩んだ挙句、Tenere にした。レンタル料は7日間で NZ$980 (約86,000円)。 7日以上のレンタルは パニアケース または トップボックスが付く(私はオーストラリアツーリングで使用したツーリングバッグがあるので辞退した)。



正直、まだ悩んでいる。やっぱF800GSにしようかなぁ…。


(2013/09/25追記) 結局 F800GSに変更[659]

New Zealand Adventure Guide

ニュージーランドツーリングの情報をネットで漁っていた所、New Zealand Adventure Guide というページを見つけた。ちょうどExplorOZ のニュージーランド版といった感じ。

超絶景ルートが満載(例:Nevis RoadBlack Forest Road)で、見ていて飽きない。GPSデータがあるもの有難い。

困難なルートも少なくないが、Grade 3くらいまでなら何とか走れそう。

ニュージーランドがこんな adventurous な場所だとは思わなかったな~。なめてた。

NZ Open GPS Project

今回のニュージーランドツーリングでも携帯型GPS(Garmin GPSmap 60CSx)を持っていく。オーストラリアツーリングの時は地図データ Topo Australia[516] を買ったが、今回はどうしようかなぁ(*1)と思ってネットを漁っていた所、これまた凄いサイトを見つけた。

NZ Open GPS Project

GarminのGPS、Map Source (PC上で地図を表示するソフト)で利用可能な地図データを有志の方々が自作して、無償で公開しているプロジェクトだ。

早速ダウンロードしてMap Sourceで表示させてみた。

例1)クライストチャーチ中心部


例2)Mt. Cook 周辺(New Zealand Adventure Guide[654] のGPSデータも表示)


非常に完成度が高い。New Zealand Adventure Guideに登録されている道は(私が確認した限りでは)全て載っていた。更新頻度も高い。

ちゅうことで、今回のツーリングで有難く使用させてもらうことにした。

にしても、地図データを自作するとはなぁ。キーウィ(*2)恐るべし。




(*1) 単に走行ログを取るだけだったら地図データは要らないが、New Zealand Adventure Guide のGPSデータを使うとなると地図データがないと厳しい。

(*2) ニュージーランド人の愛称。
(補足) NZ Open GPS Projectの地図データのインストール手順(Windows7)

インストールのための前提
  • PC に MapSource(Garminの地図データを閲覧したり、GPSに転送するためのソフト)がインストールされている。

インストール手順
  1. http://www.nzopengps.org/public/Latest_Global_Indexing_Mapsets/ から、一番新しい日付の 「(日付)_FREE_OpenGPS_NZ_Maps_Setup.exe」をダウンロード。
  2. ダウンロードした「(日付)_FREE_OpenGPS_NZ_Maps_Setup.exe」を実行。
  3. インストーラーが起動するので、「Next」をクリック。
    NZOpenGPSinstall0.jpg

  4. Display options。何のことか良くわからないが、「Next」をクリック。
    NZOpenGPSinstall1.jpg

  5. License Agreement。「I accept the agreement」にチェックを入れて「Next」をクリック。
    NZOpenGPSinstall2.jpg

  6. インストールフォルダー名。とりあえずそのまま「Next」をクリック。
    NZOpenGPSinstall3.jpg

  7. スタートメニューのフォルダー名。とりあえずそのまま「Next」をクリック。
    NZOpenGPSinstall4.jpg

  8. 確認画面。「Install」をクリック。
    NZOpenGPSinstall5.jpg

  9. 「Next」をクリック。
    NZOpenGPSinstall6.jpg

  10. インストール完了。「Finish」をクリック。
    NZOpenGPSinstall7.jpg

  11. Map Sourceを起動すると「Free Open GPS NZ Autorouting」という地図が選べるようになっている。GPSへの転送手順は通常の地図と同じ。
    NZOpenGPSinstall_map.jpg

台風18号

台風18号の豪雨のため京都で避難警報が出まくってる。未明から会社支給のiphoneで緊急速報のアラームが鳴りっぱなし。遂には私の住んでいる地区も避難指示が出てしまった(私はマンションに住んでいるので対象外)。


雨は午前中のうちに止みそうだが、ざっと近所を見渡した感じでは、去年8月14日の洪水と同レベルの浸水被害が出ていそう。

風もあるので、念のためVFRとKTMをロープで縛っておいた。

荒ぶる宇治川

9時過ぎには雨が上がったので、SIX DAYS号で付近を探索。
自宅マンションの近所はやはり去年8月の洪水同様に冠水していた(深いところでは太ももあたりまで)。
宇治川も激しく増水してた。

宇治川 塔の島の上流付近


あと1mくらいで堤防を越えそうな感じ。


4mの目盛りまで増水している。



隠元橋付近




こっちはあと1.5mくらい。



後日、水が引いた状態の写真も載せる予定。

人身障害保険のススメ

去年1月の足の指の骨折[563]の保険がようやく片付いた。この骨折では、VFRで入ってた冨士火災の人身傷害保険が他車運転特約で適用された[565](VFRではなく別のバイクに乗っていた時に負傷した)。

治療自体は去年の4月に終わっていたものの、後遺障害診断書の作成に時間がかかっていた(退院後に通院していた整形外科さんが後遺障害診断書を作成してくれず、保険屋さんとの間でごたごたがあったっぽい。最終的には手術を行った病院で作成してもらった。)。

保険屋さんに自宅までお越し頂き、最終的な支払い内容・支払額の確認を行った。 入院・手術・通院の費用は既に支払ってもらっていたので、
  • 休業補償(私の場合、入院のため使用した有給休暇の買取に相当)
  • 後遺障害の補償(骨折した指の曲がりが悪いので、後遺障害14級08号なるものに認定された)
が残っていたのだが、それだけでなく
  • 害による精神的損害の補償
  • 害による精神的損害の補償
とか「何それ、そんなのもあるの?」ってものまで付いていて、びっくりするような額になっていた(まぁ私が今後バイクに乗っている間のVFRとSIXDAYSの任意保険代がちゃらになるくらい)。

ライディングスクール受講時の負傷という特殊なケースで保険の支払い対象になるかどうかも微妙だったのだが、最終的には全てカバーして頂けて冨士火災さんには大変感謝している

自動車保険では自分自身(と搭乗者)に対する保険としては、人身障害と搭乗者障害がある(詳しくは「人身傷害 搭乗者傷害 違い」でググッて調べて下さい)。人身障害は保険代がかなり高く付くのだが、今回の私の経験から言うと、入っておくことを強くお勧めする。


ps) 実際私もSIXDAYSの方は搭乗者障害だったのを人身障害に切り替えた(もちろん両方入ることもできる)。なお、6月の右足踝骨折[649]は切り替え前だったので、搭乗者障害での補償となる(はず。これから手続きする)。

レンタルバイク in ニュージーランド(2)

ニュージーランドツーリングのレンタルバイクを BMW F800GS に変更。

YAMAHA XT660 Tenere にまたがったことがあるという方のお話によると、もともとシート高が高い上にサスが硬くまたがってもほとんど沈み込まないので、非常に足つきが悪いとのこと(私と同じ身長175cmで爪先立ち状態)。

またYouTubeでTenereの動画を見ていたところ、サスの硬さのためか悪路でハンドルの跳ね返りが酷そうだった。

F800GSは大阪モーターサイクルショーでまたがったことがあるが、だいぶ踵が浮いた。F800GSの方が燃料満載時の重量が15kg程重いが、シート高は15mm低く、車体の重心も低そうなので体感的にはどっこいどっこいかな。F800GSは(カタログスペック的には)私の理想のバイクの一つなので、乗るのが楽しみ。
(2014/09/25追記) レンタルバイク代は7日間でNZ$1、260 (約110,000円)
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク