FC2ブログ

途中経過

退院後は針金を刺している傷口の消毒のため、週二回の頻度で自宅近所の整形外科に通っている。
今週に入って、少しなら松葉杖なしで歩いたり、自転車にも乗れるようになった。

本日の通院で撮ったX線写真(赤丸部分が骨折箇所)。

1/23の写真と比べると、指の根元3箇所はだいぶくっついてきたような感じがするが、側面部分はまだまだだな。

来週くらいに薬指に刺さっている針金を抜くかもしれない。
スポンサーサイト



\(^▽^\)(/^▽^)/

今回の骨折では手術・入院もしたため、治療費が結構かさんでいる。

なので退院後、VFRの方で加入している任意保険の人身障害特約で保険金の支払いを受けられるかどうか、保険会社(富士火災)に問い合わせた。

1月下旬に富士火災の担当者の方に自宅に来て頂き、負傷時の状況について説明したのだが、担当者の方によると「通常の自動車保険は、基本的には道路交通法が適用される状況下での損害が支払い対象となる」とのこと。また、富士火災「一般用総合自動車保険ご契約のしおり」の人身障害特約の項33-8-5で
当会社は、被保険者が被保険自動車以外の自動車に競技、曲芸(注1)もしくは試験のために搭乗中、または、競技、曲技もしくは試験を行うことを目的とする場所において登場中(注2)生じた損害に対しては、保険金を支払いません。
(注1)競技または曲技のための練習を含みます。
(注2)救急、消防、事故処理、補修、清掃等のために搭乗している場合を除きます。
となっているとのこと。
そのため、一般には
・サーキットなど、道交法が及ばない場所
・自動車教習所など、試験、資格を取るための場所
・ナンバーが付いていないなど、公道を走れない車両
での損害は支払い対象外になるとのことであった。

で、今回の私の件に付いては「ライディングスクールでの負傷という非常に稀な事案であり、詳細に調査しないと保険金の支払いの可否を判定できない」とのことであったが、担当者の方の話し振りからすると支払い対象外となる可能性が高いように感じられた。

その後、富士火災の調査員がHMS浜名湖に赴き、担当インストラクターから私が負傷した時の状況や使用車両等について調査を行ったりと色々調査があって、昨日、富士火災の担当者の方から連絡があった。

「保険金をお支払いできます」


「HMS浜名湖とその講習内容が、純粋に運転技術を向上させるためのもの (富士火災の担当者の方談)」なので、上記の教習所、競技・曲芸のための練習等には該当しないで済んだということのようだ。

なんにせよ、助かった。



なお、HMSには「見舞金」という制度があり、受講中の負傷等に対して幾許かの補償を受けられる(申請すれば)。

プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク