FC2ブログ

HMS浜名湖(26回目)オフロードステップアップ5回目

7/2, HMS浜名湖オフロードステップアップに参加。
参加者9名、担当はUイントラ。

「ターン時に体がイン側に入る」という悪い癖を直す糸口が先週のオフロードステップアップで掴めたような気がしたので、それを忘れないうちにと2週続けての参加(ちなみに私以外にも2週連続の方が3名もいた)。

今回の全走行ルート。全走行距離は約48km。

[Google Map(重いので注意!)]


最初はオンロードのコース走行。練習時の課題は、ターン時にお尻をシートの上で移動させた時に、リアサスが沈み込むことを感じ取ること。この課題は楽勝かと思ったら、さっぱり感じ取れなかった(普段乗っているジェベル200だったら感じ取れているような気がするのだが)。


オフ地ではウォッシュボードの走り方を色々変えて練習。
  • 下りでアクセルを開けて加速、上りはアクセルを閉じ惰性で走り、ウォッシュボードをなめる様に走行。
  • 上りでアクセルを開け、ステップの前側に加重→抜重でジャンプするように走行。
  • 上りでアクセルを開けたままにし、ステップの後ろ側に加重をかけて、フロントタイヤを浮かせて走行(フロントタイヤをウォッシュボードの谷の部分に接地させない)



ジャンプの練習では、斜面進入時にステップの前側を踏み込んで加重をかけるようにした所(先週はステップの後ろ側を踏み込んでいた)、フロントタイヤが先週比で+30cmくらい(気持ちは。実際は+10cmくらい?)高く上がったような気がした。

ステップの幅なんて2cm程度なのに、ステップの前・後ろのどちらに荷重を掛けるかでジャンプの挙動が大きく変わるところが面白い。


今回Uイントラから頂いたアドバイス。
  • ターン時に体がインに入る癖はだいぶ改善している。でも、(上体を)まだもっと後ろにもって行った方が良い。
  • ターンを回り終わった時に上体を前に持っていくのが早い。そのせいでリア加重が抜けて、加速時にリアが滑っている。滑りやすいところではリア加重をしっかりとかけておく。
  • ウォッシュボードで脇が閉まっている(これはハンドルの握り方が悪いのかも)。
  • ジャンプの伸び上がりの際に、上体が起き上がっている(そのせいで、ハンドルを手で引き上げるような感じになっている)。伸び上がりは上体は前傾姿勢のまま、膝を伸ばす。



フォームが改善されていることでいい気になってしまい、手ひどい転倒を3度もやってしまった。左ひじに大きな擦り傷、右手首を捻挫。捻挫はオーストラリアツーリングまでに治らないかも orz。
スポンサーサイト



いろいろポチってます:釣り竿

オーストラリアツーリングに備え、Amazonで釣り竿(プロマリン PG 楽釣サビキ DX 330 )を購入。



この釣り竿を買ったのは、オーストラリアで釣りを楽しむため、ではなく、サンドフラッグとして使用するため。

サンドフラッグとは、砂丘など起伏が激しく見通しが悪い場所で車両同士の衝突を防ぐために、車両に取り付けておく高さ3mくらいの旗のこと(詳しくはこちらを参照)。サンドフラッグが無いと

なこと(この動画の3:28 あたり)になったりする ((((;゚Д゚))))。

で、サンドフラッグを用意するに当たり、何か「細長くて、軽くて、丈夫なもの」ということで、釣り竿を思いついた次第。今回買った釣り竿は、全長 3.3m (5段, 収縮時79cm)、重量 192g。一番先っぽの5段目は細くてしなりすぎるので、4段(長さ2.6m)で使用することになりそう。

「旗」の部分はオーストラリアに敬意を表するためにオーストラリア国旗を付けることにした。

そんなこんなで自作したサンドフラッグをジェベル200に取り付けてみた。

まぁ、悪くない。オンロードやフラットダートを走る時も2,3段くらいにして掲げておいてもいいかな、これは。

なお、
釣り竿の購入価格  1,512円
日豪国旗の購入価格 1,630円
で、旗代の方が高かったりする。


釣り竿をサンドフラッグにしてみた人は他にもいるだろうな~と思ってググってみた。
http://www.google.com/search?sourceid=chrome&ie=UTF-8&q=sand+flag+fishing+rod&hl=en
やっぱいた。とりあえずなんとかなるっぽい。

いろいろポチってます:テント、シュラフ、ツーリングバッグ

オーストラリアツーリングでは原則テント泊はしないつもりであるが、万が一に備えてテントとシュラフを購入。


このテント、何が凄いかって、価格が2,050円(税・送料込み、Amazonで)。
Amazonのレビューで「雨が降ったら終わり」など色々書かれているが、総重量が2kgと軽いのが良い。部屋の中で組み立ててみたが、2人用で十分な広さがある。

シュラフは好日山荘でちゃんとしたものを購入(6,993円)。重量630gとこれもコンパクト&軽いのが良い。中綿がダウンのものだと、重量400g台のものもあった(激しく高価だけど)。

ツーリングバッグは「モトフィズ キャンピングシートバッグ2 ブラック MFK-102」を購入。市販されているツーリングバッグでは最大のものかな。容量は59L~75Lと可変、上側だけでなく左右両側にも開閉口がある、など色々便利な作りになっている。

あと、防犯用に「PacSafe 85」も購入。


ツーリングに持って行く荷物を一通りパッキングしてみた(リュックに背負う、カメラ等は除く)。


今のところ17kg(ツーリングバッグ本体が4kg近くある)。なんだかんだでもうちょっと増えるだろうから、最終的には20kgくらいになりそう。

壮行会

7/8の晩、普段お世話になっているバイクショップTさんがオーストラリアツーリングの壮行会を企画して下さった。

場所は京都四条の京都祇園ホテル屋上のビアガーデン。我々のテーブルは八坂神社を間近に見下ろし、なかなか良い眺め。
CBR1100XX氏からは昭文社の「ことりっぷオーストラリア」を贈呈頂いた。

女性向けの旅行ガイドブックだが、きれいな写真が満載で普通に読んでいても楽しめる。

酒が回ってきてからは、「壮行会」ではなく「送別会」とか口走ってたり(おぃ!俺は帰ってくるぞ!)、映画「127時間」のえげつない話が飛び交っていた。

2次会は花見小路通り近くのピアノバー「ファニーカンパニー」へ。
CBR1100XX氏が演奏に加わった(ベース担当)生演奏を楽しむ(CBR1100XX氏はヨットレースのアメリカスカップに出たり、ベース担当で京都近辺のライブハウスで演奏したり、と多才な方である)。


パンク修理自主練(4回目)

この週末は仕事の都合で自宅待機。ちゅうことで恒例、ジェベル200のリアタイヤでパンク修理の練習。

タイヤチューブの取り出し
作業時間15分ちょっと(目標10分)。
片側のビードは簡単に落ちてくれたが、もう片方のビードを落とすのに手間取り、時間がかかった。

タイヤチューブ入れ、タイヤ組み付け
作業時間14分27秒。目標の15分を初クリア!

タイヤが温まっていると作業がしやすくなるのかな。


只今兵庫県佐用町宝蔵寺地区のひまわりが満開。見に行きたかったなぁ~。

(2011/07/17追記) 上の動画では、体から遠い側からタイヤをホイールにはめていっているが、これは良くなかったことが判明。
http://www.youtube.com/user/tyzserow#p/a/u/0/sYYpPglUFj8の様に、体に近い方からはめていく(はめた所を膝で押さえられるように)。

パンク修理自主練(5回目)

昨日に続いて、ジェベル200のリアタイヤでパンク修理の練習。
ベランダに一晩放置したタイヤの空気圧が下がっていないことを確認後、作業開始。

タイヤチューブの取り出し
作業時間7分7秒。やっと目標の10分をクリア。



タイヤチューブ入れ、タイヤ組み付け
作業時間12分33秒。今回も目標の15分をクリア。


昨日は体から遠い側からタイヤをホイールにはめていっているが、正しくは今回のように体側からはめていく(そうすると、はめた部分を膝で押さえつけることができる)。

HMS浜名湖(27回目)ファンライディング10回目

7月24日(日)、HMS浜名湖のファンライディングに参加。
参加者は6名(男性3名、女性3名)で、担当はSイントラ。

この日の走行ログ(GPSのバッテリー切れで15:30までの走行ログしか取れてない。全走行距離は約32kmくらい)。

Google Map


この日のお題は
  • バランスコースで各種一本橋(スタンディング)
    • ステップの端の方に足を乗せ、足を柔軟に使ってバランスを取る

  • オフ地で8の字(シッティング)
    • 外膝、内腿、外足の踝でバイクをしっかりホールド

  • 斜面の上り下り
    • できるだけゆっくり下る練習
    • 下りであまり腰を引きすぎるとフロント荷重が抜けて、フロントブレーキの効きが弱くなってしまう。

  • スタンディングスティル
    • スタンディングスティルでバイクに乗る時のコツを伝授して頂いた。
    • 1)ハンドルを切った状態で、外足と内側の手に体重を乗せる 2)この「対角線バランス」を保った状態で内足を地面から離してステップに乗せる

  • コの字斜面下り
    • コの字型の斜面を円弧を描くように降りる。
    • 滑って転倒しそうな感じがしたので私はほとんど真っ直ぐ降りていたが、他の参加者の方は臆することなく豪快に円弧を描いて降りていた。凄い!

  • アクセルターン、ブレーキターン
  • オフロードコースでジャンプ5種盛り
    • 普通にまっすぐジャンプ
    • 左斜めにジャンプ
    • 右斜めにジャンプ
    • まっすぐジャンプして空中でハンドルを左右に切る
    • まっすぐジャンプして空中でバイクを左右に傾ける

  • 縁石ジャンプ&縁石ジャックナイフ
    • 縁石ジャンプでリアタイヤを浮かせるのが難しい、、。

  • 〆のオフロードコース走行
    • へばって休んでいる時間の方が多かったかも、、。


ファンライディングの定番ネタ、新ネタ(コの字斜面下りとジャンプ4種)がてんこ盛りで、オーストラリアツーリング前に良い練習ができた。


次は9/10のファンライディングに参加予定。

寄せ書き

バイクショップTさんのツーリングメンバーの方々から、オーストラリアツーリングに向けての寄せ書きを頂いた。オーストラリアではこのバンダナを腕に巻いて走るつもり。



海外とはいえツーリングなので、「1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉」というモットーと、「無事故・無違反・無転倒」という目標はいつもと同じ(まぁ「ソフトクリーム」と「無転倒」は無理っぽいが)。

あと今回は「(私が想像し得る)最高に気持ちのいい走りをする」という野望を実現したい。

出発前夜

ついに明日、オーストラリアに出発。

今回のツーリングはシドニー~アリススプリングス~ダーウィンと、短期オーストラリアツーリングの定番ルート。通常は2週間で走るようなコースであるが、私はそこを約4週間かけて走る。時間的に余裕があるので、通常通らないルートを通ったり、寄り道したりするつもり。来週の今頃にはこの辺(Birdsville)にいるはず。

ノートPCを持って行くので、ネットに繫がる環境があれば出来る限り現地からレポートを書きたい(生存の証にもなるし)。


私にとって海外ツーリングは初めて。
いつか
あたりも走ってみたい。

これからちょっくら

オーストラリアに行ってくる。

シドニー着は現地時間の7/31 10:25。シドニー空港からレンタルバイク屋さんまでは車で約1時間(迎えに来てくれる)。なんだかんだでレンタルバイク屋さんを出発できるのは14時頃かな。

初日はシドニーの200km程北にあるニューキャッスルまで移動。ここで2泊する。天気予報によるとシドニー、ニューキャッスルともここ数日は晴れ、気温は8~20℃とのこと(南半球のオーストラリアは今は一応真冬)。とりあえず幸先よいスタートが切れそう。


ニューキャッスルの宿はネットが使えるっぽいので、明日、明後日はブログにレポートを書く予定。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク