FC2ブログ

HMS鈴鹿トレッキング入門3回目

4/3, HMS鈴鹿のトレッキング入門に参加。
先週うまく走れなかった所をなんとしてもリベンジしたかった(次の開催は7月になるので間があく)ので、2週続けての参加と相成った。

参加者は4名で担当はTイントラ(2,3年前までは、HMSもてぎでトレッキングを担当されていたとのこと)。前回は参加者がイケイケな方ばかりで果敢な走りが目立っていたが、今回は一転、まったりとした雰囲気の講習となった。


車両点検でタイヤの空気圧のチェック。チェック前はどの車両も前後とも1.5kgf/cm2位だったが、これを前1.1kgf/cm2、後1.25kgf/cm2まで落とす。過去2回の受講時はこの空気圧チェックはしていなかったので、今回はこれまでより低めの空気圧での練習となるのかな。


最初にオンロードで一本橋、斜面でのUターン等の練習をした後、バランスセクションへ。

タイヤの空気圧を落としたからか、砂地走行がこれまでよりも上手くできたような気がした(単なるプラセボかもしれないけど)。




午後はトライアルコースに行く前に、土手がある広場で斜面の上り下り、キャンバー走行(斜面を斜めに走る)の練習。ここでも普段だったら滑りそうな所を難なく走れたりした。やっぱ空気圧を下げたお陰かな。



休憩ではまったりとレース観戦(写真はスプーンカーブ~西ストレートの辺りかな)。




最後にいつものトライアルコースを1時間くらい走行。目標の一つだったある斜面をなんとか制覇し、一つリベンジを果たす。





前回とは同じ講習とは思えないくらい、まったりとした雰囲気であった(こっちが本来の姿と思われる)。
スポンサーサイト



HMS浜名湖(20回目)ファンライディング8回目

HMS浜名湖ファンライディングに参加。担当はUイントラで、参加者6名。
ここんとこCRF-100を使う講習が続いたので、XR-230は久しぶり(といっても1ヶ月ちょと乗らなかっただけだけど)。


今回のお題
  • 各種一本橋(普通の、狭いの、かまぼこ、スネーク)
  • V字溝
  • V字溝を使った擬似ドリフト
  • 8の字&アクセルターン
  • ジャックナイフ(縁石あり・なし、立位・座位)
  • フロントアップ(縁石あり・なし)
  • ジャンプを含むコーススラローム
と、ファンライディング人気ネタのてんこ盛りコース。

アクセルターンは静止直立状態で回るのではなく、8の字のターンでドリフトするような感じで回る。


今回の(・∀・)イイ!
  • かまぼこ一本橋4回やって4回成功(2速でかなりスピードが出ていたが)
  • V字溝の擬似ドリフトが思ったよりうまくできた(前輪が左側の場合)
  • コーススラローム無転倒(かなり滑りやすいコンディションの上、水溜りがあちこちにあって転倒したら著しく悲惨なことになっていた)


今回の(・A・)イクナイ!
  • スネーク一本橋(角度がきつい方)は全敗。
  • V字溝の擬似ドリフト時に、実際のターンと同様お尻の位置をずらせばもっとうまくいったかも。
  • クラッチを使ったフロントアップがほとんどきまらなかった。
    →アクセルの開け方がまだ中途半端。予めアクセルの遊びを取っておいて、もっと素早く、もっと大きく開けてすぐ戻すような感じにすればうまくいきそう。
  • スタンディングでのフロントアップ時に、膝が曲がってしまうことが多々あった。
  • スタンディングでのフロントアップ時に、進行方向が左にそれることが何度かあった。
  • フロントアップの練習をすると、すぐに手にマメができる。余計な力が入っているのかも。
  • 相変わらずスタンディングのジャックナイフの要領が全く掴めない


PS1. 春らしくオフロードコース内の所々がたんぽぽの花で覆われていて、走っていてとても気持ちがよかった。でも蜜蜂だけは勘弁な(数百匹の蜜蜂の大群に纏わり付かれてしまった)。
PS2. オンロード講習のCB-1300で、AngelSTを履いている車両が1台あった。採用するかどうかのテストかな。

転ばぬ先の(転んだ後の?)ニーブレース

オーストラリアツーリングに備え、装備や機材を色々買いつつあるのだが、その第一弾。


POD MX K700ニーブレース

お金で買える安全は買っておく派の私であるが、ニーブレースは激しく高価なので、買うべきかどうかかなり悩んだ。過剰な気もしたが、単なるニーシンガードではオフ地を高速走行している時に転倒したり、足を付くような羽目になった時にやっぱ頼りないので、思い切ってぽちってしまった。

国内で買うと9~10万円するので、米国アマゾンで米国から直に7万円で購入(国内の正規代理店で買わないと保証が受けられない恐れがあるが、2万円以上の価格差に負けた)。


素足に直接装着するのも難なので、RSタイチのアンダーパンツ(旧モデルなので5割引!)も2つ購入。




RSタイチのアンダーパンツの上に装着した所。

日帰りツーリングに行ってみたが、装着感は非常に良い。膝の曲げ伸ばしは全く違和感がない。アンダーパンツのおかけで4つのベルトが足に接触する部分の蒸れもないし、擦れて痛くなることもない。


しか~し、良く見てみると、高価なわりに所々「Made in China」感が、、、。
例えば、膝のちょうつがいの部分の内側の接着剤?の跡。

パチもん掴まされたのかと心配になる。RSタイチ京都店で見たアルパインスターズのB2カーボンニーブレースやEVSのWebニーブレースは、内装部分のつくりがもっと丁寧であった。


せっかく買ったので、今後はオン・オフ問わず普通のツーリングや、HMSでも使ってこ。

HMS浜名湖(21回目)オフロードステップアップ2回目

4/29、HMS浜名湖のオフロードステップアップに参加。
参加者は9名、担当はUイントラ。

オフロードステップアップは去年の10月10日以来、約半年ぶりで2回目。使用車両はXR-230かCRF-100Fかを選択できるが、前回XR-230で色々苦労したので、今回はCRF-100Fを選択。

今回の全走行ルート(持参したGPSMAP60CSxで走行ログを取得)。全走行距離は約47km(HMS浜名湖のオフロード車両はメータ類が全て取り外されているので、GPSでの計測値)。


ちなみにオンロードの講習だと、1日で走行距離は70km程(速い人だともっと)になるらしい。


オンロードコーススラローム
練習のポイントは、
  • ターン時はお尻の片側がシートから外れるくらいお尻をしっかりずらす
  • しっかりシートに荷重をかける
  • ターン中、寝かせたバイクの傾きとハンドルの切れ角が一定のまま保てるようにする


オフセットパイロンくるくるスラローム&逆バンクスラローム
平地のオフセットパイロンスラロームと、浜名湖側のヤシ並木の逆バンクスラロームを走行。

オフセットパイロンスラロームでは、アクセルターンでドリフトするような感じで各パイロン一周して回るという、なかなか楽しい(&難しい&疲れる!)お題が課せられた。ポイントは
  • クラッチとアクセルで滑りのきっかけを作る
  • アクセル・車体の傾きを調整して、滑るところと滑らないところの境目を見極める
  • お尻がシートから離れないようにする

普通アクセルターンは1速を使用するが、CRF-100Fは1速だとすぐ吹け上がってしまうので、私は2速でやっていた(が、どっちが適しているのかまだ掴みかねている)。


オフロードコーススラローム
バンクターンで、バンクに沿って走るのではなく、バンク中央部でドリフトをかましてターンするというお題があった。手順は
  1. バンクの中央部に向かって突入
  2. バンク直前でクラッチを切る(&リアブレーキを踏んで、リアロックさせる?)
  3. フロントタイヤがバンクに差し掛かったら、バイクを倒して、アクセルを吹かして、クラッチを繋ぐ
といった感じ。

午後のコーススラローム全体で転倒1だったのはまぁ上出来であったが、
  • ターン中のお尻の移動が中途半端。そのせいで体が内側に入ってしまう。もっとしっかりずらす。
  • ウォッシュボードでは、
    • バイクを膝で挟み込まない
    • 膝を曲げないで真っ直ぐ伸ばし、前傾姿勢を取る
とのご指摘を頂く。


次は5/14 (土)のオフロードステップアップに参加予定。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク