FC2ブログ

兵庫県佐用町南光ひまわり畑2009(2) 漆野地区&世界のひまわり

兵庫県佐用町で世界中のいろんなひまわりを育成している方(ぺこっちさんとひまわりおじさん)から当ブログにコメントを頂いたので、再び佐用町のひまわり畑を訪問。

[GoogleMap版]

朝6時半に宇治西ICから京滋バイパスに入るといきなり大渋滞。なんと中国道の西宮から京滋バイパスまで渋滞が続いていた。バイクならではの機動性で渋滞をなんとかやり過ごしたが、車だったら発狂しかねないな、、。


今回のひまわり畑は漆野地区(15万本)。



この日は良い天気で絶好のひまわり日和(まぁ、死ぬほど暑かったわけだが)。ちなみに翌9日は一転「佐用町観測史上一番」の大雨なのであった。

ひまわりと飛行機雲。

やっぱひまわりには青空が似合う。


世界のひまわり畑は、通常のひまわり畑に隣接した区画にある。

ひまわりおじさんを始め、世界のひまわりの育成をした方々とお話しすることができた。佐用町でひまわりを育てるようになったのは、減反政策で米を作れなくなったからとのことだった。品種が異なるひまわりを同時に咲かせるのは難しいようで、花をつけているのは半分ほどであった。


アイスクリーム。

アイスクリームという名前の品種なのです(まじで)。レモン色の花びらが特徴。(上の写真クリックで、他のひまわりも表示)





この日は午後5時に大事な待ち合わせがあったので、道の駅「宿場町ひらふく」で昼ごはんを食べた後、12時半過ぎに帰路に付く。

佐用ICの手前で道路脇にバイクを止めてGPSのログの設定を変更(ひまわり畑内は10m間隔でログを取るようにしていたのを50m間隔に戻した)。で、再出発しようとしたところ、セルモーターがキュルキュルキュルと弱々しい音を上げるだけで、エンジンがかからない、、、。

まさかのバッテリー上がり、、 orz。

10分前に道の駅を出発したときは何も問題なかったのに、なぜ…?

道のすぐ向かいがガソリンスタンドだったので、事情を説明してバイクを置かせてもらう。
佐用インターサービスステーション
このガソリンスタンドは佐用ICを出て左折してすぐのところにある佐用インターサービスステーション。色々親切にして頂き、本当にありがたかった。

店長さんに車のバッテリーとつないでもらものの、ヘッドライトは明るくなったがセルモーターはうんともすんとも言わない。次にバイクを押してもらって押しがけを試みたが、ブロロロロロロとなるだけで、やはりエンジンはかからない、、、。

バイクに詳しい方はここで一つ大きな過ちがあることに気づくだろうが、私は気づかなかったのでJAFを呼んだ。

ガソリンスタンドの中でJAFの到着を待つ。中に置いてあった神戸新聞を読んでみたところ、世界のひまわりの記事があった。

この写真の方がひまわりおじさん。

45分程でJAFが到着。バッテリーの電圧を測ったところ、10.4V(標準は12V)。こりゃだめだ、、。しかし、交換して1年程しか経っていないのに(前のバッテリーは4年間問題なかった)。

JAFの方に外部バッテリーをつないでもらって再度エンジンをかけようとしたが、これでもセルモーターが回らない。ここでようやく

キルスイッチが入っている

ことに気づく orz(取り回し中に入ってしまった)。

キルスイッチを切ったところ、ちゃんとセルモーターが回ってエンジンがかかった。

とりあえず一旦エンジンがかかれば、(ノンストップなら)京都まで戻れるかな、、と思っていたところ、そんな思いを打ち砕く言葉がJAFの方から発せられた。

「エンジンが回ってもバッテリーの電圧が上がらない。充電されていない。この状態で走りに出てもいずれ電圧が下がってエンジンが停止し、高速道路で立ち往生するだろう。」

もう完全に手詰まりなので、最後の手段、普段世話になっている京都のバイク屋さんにバイクを取りに来てもらうことにして、JAFの方には礼を言って退きとって頂いた。

バイク屋さんに連絡するものの名神高速は相変わらず大渋滞。すぐに京都を出発しても、いつこちらに着くか分からない(宇治から佐用まで150km)。バイク屋さんと検討した結果、バイクをガソリンスタンドに置いて私は他の交通手段で帰り、高速が空いた夜にバイク屋さんに取りに来てもらう、ということにした。

ガソリンスタンドの店長さんに再度事情を説明してバイクを置かせてもらい、お礼の言葉(と缶ビール10缶)を残して3時間半滞在したガソリンスタンドを後にした。電車で帰ろうと思っていたのだが、店長さんが佐用ICに大阪駅行きの高速バスのバス停があることを教えてくれたので、高速バスで帰ることにした。

佐用ICのすぐ内側にある高速バスのバス停。ガソリンスタンドから歩いて3分ほど。

1時間に1便だが、幸い10分と待たずに16時15分発のバスに乗ることができた。

この後は、千里中央でバスを降りる→北大阪急行電鉄桃山台駅→地下鉄淀屋橋駅→京阪電車、と乗り継いで20時半頃に自宅に帰還。

23時頃にバイク屋さんから無事バイクを引き取って帰ってきたとの連絡があった。ガソリンスタンドの店長さんとは話が弾んだらしい。



キルスイッチに気づかなかったのはバイク乗りとしてかなり恥ずかしいことだが、エンジンがかかっていたらそのまま高速で帰ろうとした(で、途中でエンジン停止していた)訳なので、結果的には良かったのかな、、?
スポンサーサイト



兵庫県佐用町南光ひまわり畑2009(3) ひまわり畑が、、 

全滅してしまったとのこと。

9日晩~10日未明の台風9号に伴う大雨のため、佐用町が甚大な被害を受けたとのニュースが各種メディアで報じられていた。

ひまわりおじさんのブログ」によると、8日に私が見に行ったひまわり畑も水没・全滅してしまったとのこと。

8日に撮影した千種川(ひまわり畑は左側の駐車場の奥)。この川が氾濫してしまった。ちょっと想像がつかない。


復活

先日の佐用町ひまわり畑ツーリングで故障してしまったバイクが入院生活を終えて戻ってきた。

故障箇所は発電機とレギュレーター。バイク屋さんによると、発電機のコイルが焼けていたらしい。レギュレーターが先に死んで、そのせいで発電機に負荷がかかり焼き切れたのかな。

まぁ、大事に至らなくて何より。過電流が流れて電装系が全滅していたら廃車ものだった(バイク屋さんツーリング仲間でそうなってしまった方がいる)。

ところで、佐用町まで私のバイクを引き取りに行ってくれたバイク屋さん、あの2日後に今度はツーリング仲間のFさんのバイクの引き取りに北陸自動車道の富山西IC(片道300km!)まで行ってきたとのこと。いやほんとお疲れさまです、、、。

GPS新調

これまでガーミン社の携帯型GPS GPSMAP60CSを使用していたが、この度その後継機種 GPSMAP60CSx を買ってしまった。

基本的な機能は60CSとほぼ同じ(外見に至っては全く同じ)だが、
・GPS衛星を補足するアンテナの感度の向上
・地図データの容量up
・軌跡ログの保存容量のup
といった改良がなされている。

60CSでは軌跡ログを内蔵メモリに10,000点(50m毎に記録していたら500km分)しか保存できなかった。一方、60CSxでは内蔵メモリだけでなくマイクロSDカードにも保存でき、事実上無制限といって良い(取扱説明書によると軌跡ログ 10,000点で約1.2MB消費)。

これまでは1日あたりの予想走行距離からログを取得する間隔を逆算したり、高速道路と下道で取得間隔を変えたりしていたが、今後は1秒毎にログを取得するよう設定するつもり。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク