FC2ブログ

京都府警二輪車安全運転実技講習会(2009/05)

毎年GWに淀競馬場の駐車場で開催される京都府警主催二輪車安全運転実技講習会に、今年も参加。今回はこれまでにない特別企画(?)が色々あり、いつも以上に楽しめた講習会だった。

なお、今年は例年と違って、今回が上級、7月が初級、9月は中級、と各回でクラス分けされている。


最初に車両点検を行い、慣熟走行の後、急制動。

制動地点では小石や砂が浮きまくりだったが、VFRはABSが付いているので何も考えずに思いっきりブレーキングできた(4本中3本ABSが作動)。他の参加者の様子を見ていても、ABS付きの車両の方とそうでない方のブレーキングの強さの違いは明らかだった。

その次は、千鳥、オフセットパイロンスラローム、直線パイロンスラローム。CBR-1100XXやZZR-1400のようなバイクでタイトなコースを走り抜けていく参加者には関心しきり。そういえばなぜか今回はCBR-1000RRといったSS系は1台もいなかった。

特別企画その1。京都市バス(!)を会場に持ち込んで、バスの死角の確認。

参加者の一人がバスの運転席に座わり、バスの周囲に散らばった他の参加者をバスのミラーで確認。運転席の人からゼッケン番号が見えた人はどいていって、バスの死角にいる人が残る、といった感じ。

ちなにみバスの運転席から確認する役は、、。

私なのでした(いや、他に誰も手を挙げなかったので(^^;)。バスの真後ろにいる人は当然として、左右30度くらいの方向にいる人も運転席から(ミラーだけでは)全く見えなかった。

午後の最初は特別企画その2で、白バイ隊員への一問一答。

その後はコーススラロームと特別企画その3のトライアル講習会(希望者のみ)。
滅多にない機会なので、私はトライアル講習会の方に参加(コーススラロームの方にも何時でも行ける)。
全国白バイ大会の訓練生の方が練習で使われているというトライアル車4台が用意されていた。


最初にスタンドスティル(3秒も立っていられなかった)、その次に8の字の練習。

トライアル車はハンドルの切れかくが大きいので、なかなかフルロックまで持っていけない。

最後に枕木や小さなジャンプ台が用意されたコースを周回。

これがなかなか楽しくて、トライアルの方に来ていた10名弱の参加者はみんなどはまりしていた。

最後に2週だけコーススラロームを走ったが、トライアル車を乗った後だと、VFRのフロントサスやエンジンの出力がすごく滑らかに感じられた。


ところで朝の受付時、机の上に去年の7月の講習会(殺人的な暑さだった)の写真が並べてあり、私が写っているものが1枚あったのでありがたく頂戴。

直線パイロンスラローム。ひじがちょっと窮屈な感じがするが、視線とニーグリップはわりとよい感じかな。
スポンサーサイト



HDR合成

3月末の青森1000円ドライブの帰りのフェリーで、北海道旅行に行ってきたという大阪在住のオーストラリア人の方にHDR(ハイダイナミックレンジ)合成という画像処理のことを教えてもらった。

WindowsでもLinuxでも無償のHDRソフトはあるけど、どうもいまいち(マニュアルが英語でちゃんと読んでいないので、正しい使い方ができていないというのもあると思うけど)。で、Photomatix Pro 3.0というソフトの評価版を使ってみたところ、簡単に割りといい感じの写真ができたので、購入(メンバー登録すると¥9,800)。

実は先日の下栗村のレポートの大部分はPhotomatix Pro 3.0で生成したHDR画像だったりする(画像ファイル名にHDRが付いているものがそう)。


下栗村の写真の撮影時の設定や、HDR合成を行って気づいたことを以下に列挙。
  • ブラケット撮影で、通常は露出補正±0.7か±1.0。視野内に太陽がある場合などは±2.0(かつ、通常の露出補正も大幅にマイナスに振る)。
  • あまり露出のレンジを大きくすると合成時に人工的な感じになってしまう?
  • 当然、連写モード。
  • 三脚は必須。数ドットのブレでも仕上がりは悪くなる(特に回転のズレは致命的)。
  • 絞り優先モードで撮影。
  • jpgでの合成もできるが、やっぱrawの方が良い?(まだ試していない。下栗村の写真はjpgファイルをHDR合成。)
  • 風などで木や草がぶれてしまうのが結構目立つ。raw1枚撮りにして、明るさを変えて現像したものを合成(擬似HDR合成)した方が良いか?(これだと三脚も必要ないし)


今後風景写真を撮るときはHDR合成を念頭において撮影することになるが、いちいち三脚を持ち出すのは面倒、、、。どうしたものか。やっぱraw1枚撮りの擬似HDRか?



なお、Photomatix Proは大量の画像ファイルをバッチ処理(一括処理)できるのがとても便利。私の場合は一枚の写真をきっちり仕上げるというよりは、大量に撮った写真をそれなり見栄えのHDR合成ができれば十分なので。

擬似HDR合成

以前rawで撮った写真をPhotomatix Pro で擬似HDR合成してみた。

* N氏の要望により、raw現像したものを比較用に追加(2009/05/12)

浅間山
擬似HDR
raw現像
普通にraw現像するよりもコントラスト、色の鮮やかさともはるかにいい感じに仕上がった。


浅間山
擬似HDR
raw現像
HDR合成すると、雲が白飛びせず濃淡がはっきりとついて迫力がある。

鬼無里の大望峠から白馬連峰
擬似HDR
raw現像
遠方の山々を望遠で撮った写真。白く霞みがちだが、HDRだとコントラストが付く。


鬼無里の大望峠から白馬連峰
擬似HDR
raw現像
明暗の差が激しい景色を撮った写真。HDRの方は、手前の方の山々がかなり人工的な感じになってしまった。



大抵は、デジ一(Nikon D50)に付属していたソフトでraw現像するよりは、Photomatix Pro で擬似HDR合成した方が手軽にそこそこの写真が作れるといった感じ。ただ、暗部だった所に多少ノイズがでたり解像度が荒くなったりするが。


画像職人求む!

擬似HDR合成の記事で使用したraw画像ファイル(Nikonフォーマット)をここに置きました。

腕に覚えがある方はちょっといじってみてください。

1000円ドライブ浜名湖

5月22日に仕事で上京した際にそのまま東京に泊まり、翌23日、東京本社の同僚M氏の車で浜名湖までうなぎを食べに行った。

M氏の愛車は往年の名スポーツカーRX-7であるが、
日本一腰の低いセブン乗り
を称するM氏の走りは、
・法定速度で走ってます
・お先にどうぞ
と業務用運送車のそれである。

多摩ナンバーの赤いセブンがいたら、思いっきり煽ったりしないで、静かに抜いていってやって下さい。

京都からX-TRAILでやって来たN氏と浜名湖西IC近くのマクドで待ち合わせ。

途中事故渋滞等もあって我々は予定の11時より10分程遅れて到着。すぐにうなぎを食べるにもかかわらず、その10分の間にN氏はハンバーガーを食べるという暴挙に出ていた。


今回行ったうなぎ屋は、ツーリングマップルにも出ている「つるや」。浜名湖西ICからは車で20分程。R1から海側に少し入った所にある。

駐車場は店の場所からさらに20m程行った所(店の裏手にある駐車場は別なので注意)。バイクだったら3台くらいは店の前にも置ける。

今回我々3人が頂いたのは「二段丼(上)」2500円。ご飯の上だけでなく中にも蒲焼が入っており、おいしく頂きました。

見た目よりもボリュームがあり、ハンバーガーを食べたN氏は結構苦しそうだった。

食後は浜名湖観光。舘山寺温泉近くのロープウェーで展望台へ。

この日はよい天気であったが、あいにく富士山の方角は雲が多く、富士山は見えなかった。

ちなみにN氏はNikon D-90、M氏はD-80と、両氏とも良いカメラを持っている(私はD-50)。

カメラはね。

腕はどーだか

この後、旅館「堀江の庄」で入浴。ここの屋上露天風呂は眺めがよい。
見る方も。


見られる方?も(^^;)。



15時半頃に解散。私はN氏のX-TRAILに乗り換え。

京都へ帰る途中、以前N氏がちゃりで行ったという棚田(鳳来町四谷地区の千枚田)に立ち寄る。

18時過ぎと日もだいぶ落ちていたが、写真を撮りに来ている人が少なくなかった。


朝7時に出発して、23時半に帰宅。長い一日でさすがに疲れた。私は助手席に座ってただけだけど。

プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク