FC2ブログ

8/12(1):新日本海フェリー

帰りのフェリーは無茶苦茶いい天気(12:38)。



船内の新聞によると、この8月上旬の北海道の日照時間は過去最少を記録したとのこと orz。



土産に、船内で白い恋人を7箱買う。

北海道から帰って配ろうとした矢先、賞味期限偽装が発覚したのであった。結局配ったのは2箱だけで、残りの5箱は自分で食べてしまった。売り場から撤去されてしまうようなものを配るわけには行かないもんね。
あ~おいしかった。


定刻通りに舞鶴港着。下船直前の様子(20:53)。



奥は4年ぶりの北海道という和泉ナンバーのXJR氏ら、3人組。

XJR氏がVFRを指して「これ、まくったん?」と話しかけてきた時、理解するのに少し時間がかかった(転倒の意)。一応私も大阪出身なのだが、、(と言っても交野だけど)。
スポンサーサイト



謎の偏磨耗

北海道ツーリングから帰ると、フロントタイヤが変な偏磨耗をしていた。

トレッドのブロックの上にこぶのようなものができている。






フロントタイヤの全周にわたってそうなっている。


このこぶのせいで取り回し時や、微速時にフロントタイヤがカタカタいう(^^;)。

実は去年の北海道ツーリングから帰った後もそうだった。

普段お世話になっているバイク屋さんに見てもらったが「こんなの初めて」とのこと。ダートでブレーキを掛けた時にABSが作動して断続的にブレーキが掛ってこうなったのかも、という推測であった。


(後日追記)どうもこの偏磨耗はBT-020の特性っぽい。他のタイヤに変えることをお勧めする。

2007北海道まとめ

一応クリッカブルマップ(地名、日付の部分をクリックすると、そのページに飛ぶ)。




全走行距離(道内)2636.5 km。
無事故無違反無転倒(バイクでは。徒歩で転倒1を記録)、1日1温泉を達成。

黒河・マキノ林道

2週続けての3連休。当初は瀞川氷ノ山林道か酷道425号線全線走破あたりを考えていたのだが、どちらも遠いのでいざ行こうとなると躊躇していた。

と、当ブログの数少ない固定客(?)の一人であるひとぴちさんが9/22に黒河・マキノ林道に行ったとのこと。

この林道はがけ崩れ等で何かと通行禁止になることが多い(以前行こうとして、入り口がロープで封鎖されていたため引き返したということもあった)。なので、通行できることが分かっている時に行ってしまえ!ということで急遽走りに向かう。

ひとぴちさんのアドバイスに従って黒河林道側(敦賀側)から入る。

巨大な案山子?がお出迎え(11:04)。



ここから黒河林道(1113)。



何度か橋を渡る(11:23)。



事前の調査だと黒河林道側は比較的フラット、マキノ側は荒れているということなのだが、黒河林道も結構荒れていてなかなかきつい(11:33)。



一旦止まると再度走り出すのが困難。(11:47)。

竜口夫婦川林道を思い出す、、。

峠の直前に分かれ道。左へ進む(12:02)。



峠を越えてすぐの場所に小屋(というか単なるトイレ)(12:05)。

原チャリで来るツワモノが、、。絶対に底を擦るぞ、これは、、。

マキノ側の下りはかなり急で荒れている。道も狭い。距離は短いが、、(12:06)。

以前はマキノ側から入ろうとしたのだが、入らなくて良かった。マキノ側を上るのは黒河林道を上るよりも困難であったと思われる。

何とかダート区間を抜けて舗装路へ(12:27)。



マキノ林道へ入る道(12:31)。



全線に渡って苦行としか言いようがなく、走りを楽しむ余裕は全くなかった(まぁ、事前の調査から予想されたことだけど、、)。

動画はこちら(79MB。タイトル無しの超手抜き動画。)。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク