FC2ブログ

ライダーズイン奥物部

ライダーズイン奥物部の外観。アーチ型の屋根のバンガローが並ぶ。R195から見えるので、夜でも見つけやすい。すぐ向かいにはガソリンスタンドがあり便利である。剣山スーパー林道に近いので、林道に行く人、行ってきた人が集う。



各バンガローにはバイクを置くスペースもある。水道とホースもあり、ダート走行で汚れたバイクを洗うこともできる。

入り口の前で雨漏りしていた。ブーツを置く場所があと15cmずれていたら、ブーツに水が溜まっていた。

バンガローの内部。結構広い。左の大きなジャバラはシャワーとトイレ、洗面所。



受付があるホール。



ここからシュラフとマットを借りてゆく。



まだ大雨が降る中、隼などバイクが出発してゆく(08:30)。



9時半頃になると雨足もかなり弱くなってきた。レインコートを着込んで出発する。
スポンサーサイト



剣山スーパー林道

ライダーズイン奥物部を出てR195を東へ20km、剣山スーパー林道へ向かう。

名前からしてスーパーな剣山スーパー林道は、徳島県上勝町の起点から高の瀬峡まで全長87.7km。そのほとんどがダートで、日本一のダート距離を誇る。途中 1km程 R193と重なっている部分がある。ここではR193より東側(上勝町側)を東区間、西側(高の瀬峡側)を西区間と呼ぶことにする。東側区間は25km、西側区間は60kmくらいで西側区間の方がなかり長い。

ツーリングマップルによると「観光林道として整備されているので大雨の後でなければ快適なダート走行が楽しめる」とのことなのだが、今はまさに大雨の後なのであった(そもそも晴れていてもオンロード車で通ることは想定されていない訳だが、、)。

翌日も休暇を取っていたので、本来なら天気と路面状況が改善する翌日まで待っても良かったのだが、この日に職場の同僚N氏もスーパー林道に来るはずなのであった。

N氏は学生時代にはちゃりで北海道や阿蘇を回ったことがあるというツワモノである。このGWにN氏はなんとちゃりでこのスーパー林道を攻めるとのことであった。N氏は東から、私は西からスーパー林道入りするので、うまくすれば途中のどこかですれ違うはずなのであった。

ちゃりとオンロード車がスーパー林道で落ち合うという前人未到(恐らく)の野望のため、今日のうちに走る必要があった(この雨でN氏が断念 or 翌日に延期する不安がない訳ではなかったが)。

高知と徳島の県境をまたぐ四ツ足峠トンネルを出てまもなく、R195から左に折れて高の瀬峡へ入る。

高の瀬峡の駐車場で(10:13)。



さらに進むと「これよりダート路」(10:18)。いよいよである。



始めは締まったフラットダート。ダンプカーなど何台か工事車両とすれ違う(10:33)。



TMによるとカモシカに注意とのこと(10:47)。

看板によると熊に注意とのこと。そんなこといわれてもなぁ、、。ちなみに今年スーパー林道が全線開通したのは4/28なのであった。

雨と霧の中、てれてれと走ってゆく(11:05)。



1時間ほど走って剣山登山口(11:11)。


一台のオフロード車が向かいから来て走り去ってゆく(11:11)。



高の瀬峡から15km、那賀川源流の碑の少し先に剣山トンネル(11:20)。

剣山トンネルを出たところに奥槍戸の山の家があるが、閉まっていた。

r295沿いの四季美谷温泉へ下りるエスケープルートとの分岐(11:39)。高の瀬峡から21km程。

ここからなら温泉に入って帰れる、、が林道を進む。

雨でもダートの難易度はそれ程変わらなかったように思う(12:02)。



ようやく雨も上がり、青空が垣間見えてきた(12:12)。



日奈田峠(12:32)。晴れると素晴らしい景色が見える。



遥か来た道を振り返る(12:53)。



天神丸山の登山口(13:04)。また小雨と霧である。。

山頂までは770m。登山そのものより登山口に来るまでが大変である。

林道木屋平木沢線との分岐(13:21)。ここからも四季美谷温泉に下りられる。



川成峠(13:26)。晴れると気持ちが良いが、ついつい写真を撮ってしまうのでペースが落ちる。



また小雨と霧。峠を越えるたびに天気が変わる(13:46)。



徳島のヘソの標識(13:47)。



もうすぐファガスの森、、のはず(13:51)。



遂にファガスの森に到着(14:00)。名古屋ナンバーのオフ車4台も来ていた。

昼飯に山菜うどんを食べる。ここはキャンプ場も併設されている。N氏は今晩ここに泊まるはずであるが、いないようであった。

ファガスの森を出発。西区間も残りわずかである。まだ桜が残っていた(14:35)。



カモシカと遭遇(3回目)(14:37)。写真の真ん中に潜んでいるはずだが、、、。



ファガスの森で会ったオフ車4台組があっという間に抜き去ってゆく(14:37)。



雄大な景色の中を行く(14:49)。



西区間ももうすぐ終わり(15:00)。N氏とは会えなかったなぁ、、。



遂にダート区間を抜ける(15:11)。R193までまだ少しあるが、西区間を走破したも同然である。



ダート区間を無事に走破した安堵感と達成感からN氏のことなど完全に頭の中から消えていたその時、N氏と出くわす(15:19)。

前人未到の歴史的瞬間である。

N氏曰く「林道をなめてた」。ダートでパンクしまくったりと大変だそうだ。あとちゃりでも下りダートは怖いとのこと。



まだ先は長いぞ、頑張れ!



これがN氏の最後の写真にならないことを祈るのみである。

(5/7追加:この後N氏はファガスの森でキャンプし、翌日に高の瀬峡まで全線走破したそうである。水、食料、コンロのガスの全てが殆ど尽きてかなり厳しい状況だったとのこと。とにかくすげ~。)

遂にR193に出る(15:34)。これで剣山スーパー林道西区間完全走破。

5時間を超える長丁場であった。


R193を1km程走って東区間の入り口(15:39)。もう時間も遅いので今回は断念。

雨がなくあと2時間早めに出発できてたら行けてたのになぁ、、。

剣山スーパー林道まとめ。



思わず足を付いてしまうこと左右2回ずつ。
すれ違ったバイクは2台であった。

R193~徳島フェリーのりば~実家

R193→R438→r21→R192と徳島のフェリーターミナルを目指す。

スーパー林道から下って行くR193はかなり険しい。



途中、スーパー林道で疲れた体を休めようとR438沿いの道の駅「温泉の里神山」に寄る。



が、定休日 orz。



仕方がないので一路徳島フェリー乗り場へ。

和歌山までフェリーで2時間である。

15台位のバイクと共に乗船。



和歌山に着いた後は、阪和自動車道→近畿自動車道をまったりの乗り継いで大阪の実家へ。

実家で風呂に「別府温泉のもと」を入れて体を休める。

5/1まとめ

この日の走行距離は245.0km。
入った温泉は
・実家の風呂で「別府温泉のもと」



2007GW 阿蘇四国ツーリングまとめ

2007阿蘇・四国ツーリングまとめ



日付 km行程
--準備編(
4/2763.6大阪南港、フェリー
4/28292.9別府港→狭霧台→やまなみHW(朝日台、長者原、三愛レストハウス)→山みず木大観峰阿蘇RH米塚俵山峠山田牧場熊本市街日ノ尾峠大観峰内牧温泉阿蘇RH
4/29306.9兜岩展望所押戸石鍋ヶ滝杖立温泉ファームロード(カップル、蒸鶏工房)→立羽田の景→九酔峡→白水ダム箱石峠阿蘇RH
4/30437.9阿蘇RH→やまなみHW→別府港→フェリー→三崎港→佐田岬石鎚スカイライン自念子林道ライダーズイン奥物部
5/1245.0ライダーズイン奥物部剣山スーパー林道→徳島港→和歌山港→実家


全走行距離は1349km。

無事故、無検挙は達成したが、帰りの別府港で立ちゴケ1を記録。

GPSの記録。最高速度は伏せておく(^^;)。


ミラー補修

先日の阿蘇・四国ツーリングの際、立ちゴケで右ミラーが折れてしまった。

2型VFR800はこけたらかなり高い確率でミラーが折れてしまう()。その度に5000円出して純正ミラーを買っていると財布に痛いので、エポキシパテで補修する。

エポキシパテ。職場の近くのダイソーで以前売っていた金属用パテ(1個105円)が最近見当たらない。代わりにセメダインのものを使用。




手順は以下の通り。
1.折れたミラーの根元の部分の角度を調節しておく(ミラーの根元の方のパーツを車体に取り付け、車載工具のモンキーレンチで挟んで回す)。



2.パテがあたる部分にサンドペーパーでやすりがけする(効果があるかどうかは不明)

3.洗う

4.パテを4cm分くらい取り出し(ダイソーの100円パテなら2個使用)こねる。

5.折れたミラーをパテで固定(セメダインのパテだったら10分ちょっとでほぼ固まる)

パテをあんまりこんもりと盛ると、ボルトや六角レンチの邪魔になりミラーを車体に固定できなくなるので注意。

6.24時間放置

7.パテに指紋が付いているのがちょっとみっともないのでサンドペーパーで削る。

8.黒スプレーで塗装

9.乾いたら出来上がり


10.取り付けたところ



エポキシパテは固まるとかなり硬くなり、強度的にも問題ない。実際、阿蘇・四国ツーリングの時も左ミラーはパテで補修したミラーを装着していたが、高速道路や、剣山スーパー林道を走っても大丈夫であった。

ミラーを折りたたむといったことはできなくなるし、見た目がみっともないが、200~300円程度で補修できるので経済的である。

ツーリング先でミラーを折った場合に備え、ツーリング時にはパテを持っていっている(各種レバー、ペダルが折れた時の応急処置にも使えると思う)。

準備編(1)

5月19,20日の1泊2日で普段お世話になっているバイク屋さん主催の伊豆ツーリングへ行くことに。
宿泊先はツーリングマップルにも出ている雲見温泉民宿太郎。行程の大部分は高速道路だが、芦ノ湖スカイラインと伊豆スカイラインも走る予定。

準備編(2)

仕事が終わった後、この前の日曜に注文したGPS用電源ケーブルを、GPSを購入したRacing World高槻店まで取りに行く。これまでは日が暮れて周りが暗くなるとGPSの液晶画面が全く見えなくなっていたが(バックライトを点けるとバッテリーの消耗が激しいため)、今後は大丈夫。

明日は6時までに高速に入ってETCの割引を利用するため、集合が5時半。ちょっと早い、、。

伊豆ツーリング1日目

朝5時半にバイク屋さんの前に集合。早朝にもかかわらずほぼ定刻で全員集合。総勢10名(+現地で1名合流)。年齢は20代~60代、バイクもBMW、CBR1100XXからFORZAまで色々。
5時40分過ぎに出発。

前日の晩は大雨だったが朝には止んでいた。宇治東ICから京滋バイパスに入り、名神高速へ乗り継ぐ。



ETCの割引を利用するには100km以内で一旦下りる必要がある。私はめんどくさかったので降りなかったが、関が原ICで一旦下りて割引を効かせているメンバーもいた。

100kmちょっと走って養老SAへ(07:10)。養老SAの直前で、前を走っていたトラックが左カーブを直進して事故りそうになったのを目撃、肝を冷やす。

関が原近辺はかなり寒かった。

次は浜名湖SAを目指して走る。

千鳥隊列で行儀よく走る、、のは一瞬であっという間にばらばらになる。

100kmちょっと走って浜名湖SA(09:15)。



浜名湖。曇っているせいか、いまいちな眺め。



次は富士川SAへ。



100kmちょっと走って富士川SA(10:50)。曇っていて富士山は見えず orz。



目の前に富士山の裾野が広がる。



裾野ICで下り、r337を経て芦ノ湖スカイラインの湖尻峠を目指す(12:29)。



が、私を含む後続5台が道を間違え迷走。



終いにはゴルフ場を横切ったりするが、お陰で富士山を見ることができた(12:57)。



長尾峠から箱根スカイラインに入る(13:11)。



景色の良い箱根スカイラインを走る。バイク乗りをやってて良かったと思う時である。



箱根スカイラインを走り抜けてようやく湖尻峠へ。ここで無事合流(13:15)。30分以上他のメンバーを待たせてしまった。申し訳ない。



芦ノ湖スカイラインへ。



芦ノ湖スカイラインを過ぎて箱根峠(13:37)。



r20沿いの十国峠のレストハウスでようやく昼飯にありつく(13:57)。

中に入ってから気づいたのだが、バイクの免許取立ての頃、ばなさんと45ライダーのツーリングでここに来ていたのだった。

熱海峠の伊豆スカイライン入り口(14:37)



景色の良い伊豆スカイラインを快走。

車載デジカメのメモリーがいっぱいになり、一番景色がいいところの写真を撮れず orz。

冷川ICで伊豆スカイラインを下りてr12, r59と継いで仁科峠を目指す。が、r59がR414に入った湯ヶ島のところ左折すべき所を行き過ぎて道の駅「天城越え」まで来てしまう(15:50)。

ツーリングマップルには湯ヶ島の交差点に信号があることになっているが、実際にはなかったように思う。

r59→r410と仁科峠を下りてゆく。夕日に照らされて輝く駿河湾を望む(16:41)。



海岸沿いのR136を南下。雲見温泉の民宿太郎を目指す。



走り始めて12時間、552.2kmにも及ぶ長い道のりを経て、終に民宿太郎着(17:30)。

駐車場は少し離れたところにある(屋根付き)。

温泉浴場で汗を流した後、待望の夕飯。海の幸を心行くまで堪能。



21時過ぎ、夕飯の後、部屋に戻ると早々に床に就く。
約5名は深夜0時まで雑談。あんなに朝早かったのになんでこんなに元気なんだろ、、。

伊豆ツーリング2日目

朝から良い天気。駿河湾越しに富士山を望む(06:48)。



R136→r410と前日走ったルートを逆走。



r410を上ったところから駿河湾。残念ながらここからは富士山は見えず(09:43)。



r410からr411, r127, r18, r127と北上。尾根伝いに走る。



前日にも増してツーリングで来ている人が大勢いた。



海岸線沿いのr17に出て沼津港へ。



昼飯は沼津港にある「かもめ丸」で。



かもめ丸名物沼津丼。アジの干物をほぐした炊き込みご飯にアジのたたきと生シラス・生桜エビが載っている。

おいしく頂きました。

後は帰るだけだが350kmの高速道路。沼津ICで(13:08)。



少し走って富士川SA。またも富士山は見えず(13:31)。

10数台のポルシェのグループがいた。ガソリンスタンドの人によると、他にもランボルギーニなども走っていたらしい。

駿河湾を左手に見ながら走る。



浜名湖SAから浜名湖(15:10)。



浜名湖SAを出てまもなく、あれはもしや、、(15:43)。

これがガソリンスタンドの人が言っていたランボルギーニか?しばらく付いていってみるが、やがて引き離されてしまう(動画)。

途中、追い越し車線に大きな木箱が落ちていた。名古屋くらいから向かい風が強く、皆著しく体力を消耗していた。



養老SAで最後の休憩。

まだ100km以上残っているが、ここで解散。

とはいっても、京滋バイパスまで一緒に走る。



19:30頃自宅着。総計1030kmにも及ぶ長距離ツーリングであった。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク