FC2ブログ

奥琵琶湖

ここ数年、毎年4月には海津大崎と奥琵琶湖パークウェイの桜を見に、琵琶湖一周/半周ツーリングに行っている。

琵琶湖東岸沿いのさざなみ街道を北上。草津あたりまでは天気も良かったが、彦根を過ぎたあたりで曇ってきて風も強くなる。道の駅湖北みずどりステーションの辺りで断続的に小雨が降ってきてかなり寒い中を走る。
ルート


奥琵琶湖パークウェイ
道路修復工事のため、奥琵琶湖パークウェイは菅浦→月出展望台方面に一方通行となっていた。
菅浦の桜。
奥琵琶湖PW1

つづら尾展望台から海津大崎の桜を望む。
奥琵琶湖PW2

相変わらず小雨は降るし、気温も8度とかなり寒い。望雁へ急ぐ。

望雁
望雁はJR近江中庄駅の近くにある喫茶?店。スパイスが効いた自家製カレーが評判高い。
望雁外

店内の薪ストーブが焚かれていた。体が冷え切っていたのでありがたい。
望雁店内



海津大崎
望雁を出て海津大崎へ。今年はマキノ→奥琵琶湖PWに向かって一方通行となっていた。お陰で渋滞がかなり解消されていた。
桜はピークを過ぎていて葉も出始めていたが、それでも見ごたえ十分である。
海津大崎
動画

マキノ白谷温泉八王子荘
以前望雁のマスターに教えてもらった、マキノ白谷の温泉八王子荘へ。建物が新しくなっていた。冷え切った体に温泉は最高である。
八王子荘


池原小谷林道
ツーリングマップルにフラットダートと書いてあったので池原小谷林道に行ってみた。最初R8沿いの野坂から入ろうとしたが入り口が分からなかったため、R365の小谷側から入る。
池原小谷林道1

全線に渡ってしまったダートでVFRでも楽勝(動画)。
池原小谷林道2

残念ながら琵琶湖の展望はあまり良くないのであった(尤も、見ている余裕もなかったが)。
スポンサーサイト



準備(1)

GWの前半 4/28-30に阿蘇に行くことに。2005年8月以来、2年ぶり2回目である。

とりあえず今回の目標は

  • 無事故無違反無転倒 (これはいつも)
  • 一日一温泉 (これもいつも)
  • 米塚をじっくり見る (前回はあまり見れなかった)
  • 狭霧台の展望台を訪れる(前回は濃霧で場所が分からなかった)
  • 日ノ尾峠走破 (ダートに挑戦)
  • 山田牧場のソフトクリームを食べる (前回食べ損ねた)
  • 山みず木のソフトプリンを食べる(前回おいしかった)

宿は4/28, 29 と阿蘇ライダーハウスを予約。

往復のフェリーは関西汽船
4/27 大阪南港→別府港
4/30 別府港→大阪南港
を予約。

4/27(金)は19:00に南港発なので、17:00になったら問答無用即行で退社である。

準備(2)

前回 阿蘇RHでお会いしたばんさんに連絡。ばんさんは28日から5日までRHにいるとのこと。さすがである。

しかし、、今朝のニュースの阿蘇山積雪28cmってなんだ~ ヽ(`Д´)ノ

あと一週間ちょっとなのに大丈夫か~?

世界最速のインディアン

映画。「本物のバイカー」なら必ず見るべし、、なのだが、ほとんどの映画館で上映が終了してしまっている。

DVDが7/27に出る。本物のバイカーなら必ず買うべし。

準備(3)

自作箱に荷物の箱詰め完了。
GPSに目ぼしいポイントとルートを設定。
またGPSとデジカメの時刻を合わせる。
出発の準備完了。

明日のフェリーはばんさんと一緒である。

既に予約した帰りのフェリーをキャンセルして、大分から佐田岬に渡って四国を回ることを検討。ただ4/30, 5/1あたりに天気が崩れそうであるので、その点が気がかり。

出発~大阪南港

定時の17時前。「今日のその時」が近づいてくる。4月の勤務報告書を提出し、最後のメール確認。17時になった瞬間、退社。

ETCのお陰で小椋池ICをノンストップで通過、京滋バイパスに入る。京滋バイパス→名神高速と乗り継ぎ、豊中ICで阪神高速へ。
豊中ICでは大渋滞が発生していた。


これじゃあ、ETC付けてる意味がね~。

10分ほどで渋滞を抜けると後は快走。18:20に大阪南港着。南港までは63.6kmでの道のりであった。

関西汽船フェリー

私がフェリーターミナルについてまもなく、ばんさんも到着。乗船手続きへ向かう。 大型二輪で大阪南港~別府港までは通常15300円であるが、インターネット予約で2割引(4/28からのGW期間は割引なし)である。が、ばんさんが4割引となる魔法のチケット(関西汽船株主優待券)をもっていてそれを使わせてもらえることになった。
毎月のように阿蘇に行っているばんさんなので関西汽船の株でも買ったのかと思ったら、梅田のチケットショップで買ったとのこと。乗船手続きの列に並ぶ人を見ていると、結構株主優待券を手にしている人が居る。期限は4/30までであったので余ったチケットを持っている人が他の方に譲るといったことも行われていた。実際私も他の方が譲ってくれて、それを更に他の方に譲った(お礼にビールを頂いてしまった)。

フェリーターミナルにはばんさんの知り合いの女性のSさんも居た。
乗船直前のCBX1000のばんさんとCBR600のSさん。



我々の2等船室は他の2等船室よりも広々と使えて快適であった。



SさんのCBR600を見ていてもしや、、と思って確認したところ、私が2年前に阿蘇RHに泊まった時にSさんもいた事が判明。ばんさんといい、すごい偶然である。

別府港~やまなみHW

06:30 別府港
フェリーは定刻どおり、06:30に別府港着。バイクは車よりも下船が後になってしまう。



やまなみアタック
ばんさんとSさんはやまなみアタック(阿蘇RHのライダー図鑑(朝8時の集合写真)に間に合わせる)するとのこと。


試しにばんさんに付いて行ってみるが、別府ICを過ぎてr11の峠に入るとあっという間に引き離されてしまった。

07:10 狭霧台展望所
一人でr11をてれてれと走る。初めてすれ違うバイク(隼)とすれ違いざまに同時に
ヤエー (・∀・)v v(・∀・) 。
幸先いい。

程なくして湯布院を眺める狭霧台展望所へ。



07:49 朝日台展望台
水分峠からやまなみHWへ。車も少なく快走。

朝日台展望台で。天気も良くいい景色であった。



08:00 長者原
長者原の標識の前で。阿蘇で好きな景色の一つ。



08:13 やまなみHW最高所
遠く阿蘇山を望む。残念ながらかなりかすんでしまっていた。それでもはるか阿蘇に向かって続く道を見ていると感無量である。



三愛レストハウス

08:40に三愛レストハウス着。



実家にTELして、三愛レストハウスのライブカメラに写っている所を撮ってもらう。


山みず木

一旦やまなみHWをそれてR442を西に向かい、黒川温泉の山みず木へ。

時刻は9時前と早かったが、8時から開いているとのこと。ありがたい。



気温が10度を切る中を延々走り体がかなり冷えていたので、まずは温泉に入る。で、体が暖まった所でソフトプリン(650円)をおいしく頂く。


ソフトプリンと思っていたが、正しくはプリンソフトという名称であった。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク