FC2ブログ

4/29 「VFRオーナーあつまれぇぇぇ~っ☆」ツーリング

当ブログにちょくちょくコメントを寄せて下さる HEARTBRAKE1さん改めDotard wolfさんが
「VFRオーナーあつまれぇぇぇ~っ☆」
とVFRオーナーズミーティングを企画して下さったので馳せ参じた。

待ち合わせは京阪八幡駅前の「たこ焼きいっちゃん」。

Dotard wolfさんの呼びかけに、私以外に京都、奈良、三重(鈴鹿)から1名ずつと計5台(シルバー3台、トリコロール2台)が集まった(詳しくはDotard wolfさんのブログを参照)。


しばしお互いのバイクを見ながら談笑。一口に2型VFR800といっても年式・仕向け地によって細かい所が異なるし、またオーナーさんそれぞれでカスタムしているので見ていて楽しい。ほとんどの皆さんがカーナビ/GPSとビデオカメラを取り付けているところはVFR乗りならではかな。

タンデムバーの固定ボルトにL字金具をかませてGoProを取り付けている奈良シルバー氏。後ろ向きの撮影となるが、今回のようなマスツーリングにはぴったりですな。


ハンドルの軸パイプの部分にステーを差し込んで固定の図(Dotard wolfさん)。


鈴鹿トリコロール氏は燃料タンクキャップの部分に半円形のカメラステーを取り付けていらっしゃった。
カメラの固定方法は私も色々試したのだがなかなかうまくいかなかった。皆さんのを見ていると参考になるな。


ツーリングのルートは9号線を経て「府民の森ひよし」へ。途中、9号線沿いの「道の駅ガレリアかめおか」で休憩。

VFRに乗って8年?になるが、他のVFRと一緒に走るのは初めてだ。


「府民の森ひよし」で。



この日は「府民の森ひよし」でHONDA DREAMのイベントが行われていて、他にもライダーが集まっていた。



帰りは京都縦貫道で一気に南下、「府民の森ひよし」から1時間程でたこ焼きいっちゃんに帰還。と、店の前に別のシルバーのVFRが止まっていた。この日は「ガレリアかめおか」で1台のシルバー、「府民の森ひよし」で2台のシルバーのVFRを見かけた。赤、青、黒、白、といった他のカラーのVFRのオーナさんは今日はお休みだったんかいな??


ps)
府民の森ひよしに着いた時、最後尾を走っていたDotard wolfさんに「ナンバープレートがマフラーと干渉しているよ」と御指摘頂いた。

前々から私のVFRでは激しい段差に乗り上げた時などにどこからかガチャンと金属音が鳴ることがあったのだが、その原因は分からなかった(なんとなく、シート下の車載工具が音を立てているだろうと思っていた。ちょっとやそっとでは音がしないのが不可解ではあったが)。

確認してみると、他のオーナーさんのVFRはナンバープレートとマフラーの隙間が大きく問題ないのだが、私のVFR(2004年式欧州仕様)は隙間が1cmも空いておらず、激しい衝撃を受けるとリアフェンダーがぶれて?ナンバープレートとマフラーがぶつかっていたのであった。


ネットでもこんな話は聞いたことがない。全然分からなかった、、、。

とりあえず普段世話になっているバイク屋さんに相談することにするか。
スポンサーサイト



東北地方太平洋沖地震被災地訪問

このGWの後半、東北地方太平洋沖地震の被災地を訪問した。豪雨続きであまり思うように行動できなかったが、3連泊した陸前高田市を中心に、北は宮古市から南は福一原発警戒区域ぎりぎりまでを見てきた(ボランティア等ではなく、単に見てきただけ)。


陸前高田市役所付近(陸前高田市)





陸前高田市民体育館、図書館付近(陸前高田市)





高田高等学校付近(陸前高田市)





スーパー「マイヤ」高田店付近(陸前高田市)





「奇跡の一本松[Google]」付近(陸前高田市)



南三陸町志津川R45沿い



女川町R398沿い




走行ルート (写真付きGoogle Map)

ps) google mapの衛星写真は震災後のものになっているっぽい。

5/19,20信州ツーリング

5月19、20日、普段お世話になっているバイクショップTさん主催のツーリングに参加。今回の参加車は CBR1000RR、CBR1100XX 2台、FORZA、FZ1 Fazer、Transalp、VFR800、VFR1200、VTR1000F、W650の計10台と盛況。

走行ルート(赤線が1日目、青線が2日目)。

今回はあまり景色の写真を撮っていないが、天気にも恵まれ2日間とも良い景色を堪能できた。

中央道松川SAから大鹿村へ。


大鹿村のするぎ農園。1日目はここで昼飯。


するぎ農園のパルマンティエサンド。メニューの説明書きによると、赤ワインで18時間煮込んだ鹿肉をフレーク状にして、自家製パンでホットサンドにしたもの。おいしい。



するぎ農園の駐車場からの眺め。


大鹿村を南北に貫くR152を北へ快走。分杭峠を経て伊那市へ。


宿泊は新穂高温泉の宝山荘別館。露天風呂はそんなに熱くなく、長い間浸かっていられるいい湯加減。食事は飛騨牛、朴葉味噌といった地元の名産に加え、なまずの刺身と一風変わったものも出て、なかなか楽しめた。



大して渋滞らしい渋滞も無かったし、久しぶりに景色・ソフトクリーム・温泉 の3つが揃っていい感じのツーリングだったのだが、19日の午前中に死亡事故になりかねないアクシデントがあった。

1回目の休憩場所の名神養老SAを出て間もない岐阜羽島あたりで、先頭を走行していたOさん(FORZA)が右?前方から転がってきた太さ8~10cm、長さ1m弱の角材に乗り上げてしまった。脳天を突き抜けるような衝撃と共にバイクが横に数10cm程跳ね飛ばされたもののOさんは転倒を免れ、次の休憩場所である恵那峡SAまで何とかたどり着くことができた。

恵那峡SAで。角材を踏んだ衝撃でリアホイールのリムの両側が歪んでいた。


空気漏れはなかったのでOさんはそのままツーリングを続けたが、もう少しでとんでもないことになっていたなぁ、これは。

4/28 「どんどんVFRオーナーあつまれぇぇぇ~っ☆」ツーリング

当ブログにちょくちょくコメントを寄せて下さるDotard wolfさんが
どんどんVFRオーナーあつまれぇぇぇ~っ☆
第3回ホンダVFRミーティングを企画して下さったので馳せ参じた。



VFRミーティングと銘打っているが全車種OKということで、VFR以外も含め総勢20台近いバイクが集合。
  • VFR800 2型(銀) x 7
  • VFR800 2型(黒)
  • VFR800 2型(Candy Glory Red)
  • VFR800 2型(トリコロール、見送りのみ)
  • VFR1200(青)
  • VFR1200(赤)
  • CB400SF HYPER VTEC II
  • SV400
  • Shadow VT1100
  • YZR125
  • ハヤブサ (x 2?)
  • BMW R1200GS




走行ルート。集合場所の京阪八幡駅前のたこ焼き屋「いっちゃん」を出発してR307沿いに北上、彦根で琵琶湖の湖岸道路に入り南下して戻ってくる。
大きい地図


道の駅「せせらぎの里こうら」で集合写真。みんな笑顔笑顔。
[2013/04/28] Dotard wolfさん主催、第3回ホンダVFRミーティング。於 道の駅 せせらぎの里こうら。


今回は参加者が多めだったので2グループに分かれ、私が「まったり先発隊(カメさんグループ)」の先導役を務めたのだが、出発して5kmにも満たない国道1号線を横切るところで赤信号のため隊列末尾の4台がはぐれてしまう。 私が気付くのが遅れたため、この4台は道の駅「せせらぎの里こうら」まで別行動となってしまった。申し訳ない m(_ _)m。

ツーリング終盤の宇治川ラインで転倒1が発生し、残念ながら無事故無違反無転倒とはならなかったが、良い天気に恵まれ、新緑の中を走るとても気持ちの良いツーリングであった。主催者のDotard wolfさんには感謝感謝。


(ps)フルサイズの集合写真をご希望の参加者の方は、Dotard wolfさんにお問い合わせ頂くか、当ブログのコメント欄で「管理者にだけ表示を許可する」にチェックの上、メールアドレスをご連絡下さい。

立山登山ツーリング

一年ぶりに右肩の針金が抜け、右足踝の骨折が一応治り、とりあえず万全(?)の体に戻ったので、立山登山ツーリングを企画。8月24日の週末は雨で断念。 8月31日、台風15号が接近する微妙な天気であったが、夕方までは雨が降らずに持ちそうだったので決行。


朝5時半頃に宇治の自宅を出発、北陸道・富山ICを目指す。この日は朝から異様に暑く、敦賀あたりではまだ7時過ぎで気温29度であった 。


09:40頃に立山駅到着。駐車場(無料)では誘導員の方に歩道に停めるように言われた。夕方には大雨が降るはずなので、カバーを掛けておく。強風で飛ばないように念入りに縛る。


標高475mの立山駅(10:08)。立山駅~室堂は往復で4,190円。


ここから立山ロープウェイで標高977mの美女平まで上がる(10:16)。


美女平で11:00発の立山高原バスに乗り換えて室堂へ。


美女平~室堂間のアルペンルートは絶景…のはずなのだが、今回はガスっていて景色はいまいち。

弥陀ヶ原(この写真だけ 9/1撮影)。


ソーメン滝。



標高2,450m、室堂高原に到着(11:55)。


室堂ターミナルから徒歩10分の室堂山荘(12:14)。ここに1泊(2食付個室で9,980円)。まだ12時過ぎと早い時間だったが、部屋に入らせてもらえた。

上の写真で、中央やや右上の鞍部が一の越山荘。室堂山荘の上方の山頂が雄山神社と山小屋。


室堂山荘に余分な荷物を置いて、雄山を目指して出発(12:40)。


幅30m程の雪渓をトラバース(12:53)。


遠方に室堂山荘(13:00)。だいぶ雲が近づいてきた。



一の越山荘(標高 2,700m)に到着!(13:14)。


少しの休憩後、雄山山頂を目指して一の越山荘を出発(13:26)。



浮石の多い斜面を登る。ガスで周りの景色は全く見えない。


下山客は雄山神社の鈴の付いた赤い札を付けているので、ガスで見えなくても鈴の音で分かる。



雷鳥がいた!(13:46)。距離は3m程。


すぐ近くにもう一羽いた。つがいかな。


雷鳥が見られるとは運がいい。天気が悪かったおかげかな。

だんだんすれ違う下山客が少なくなってくる。岩に書かれたペイントを探して自分でルート探査(14:06)。


雄山山頂の山小屋に到着!(14:11)。風が猛烈に強い。山頂には15人くらいの登山客がいた。


社務所で雄山神社の登拝券(500円)を買う。鈴付きの赤いお札も貰える。

山小屋内で登山安全のご祈祷を受ける(本来は雄山神社でやるのだが、この時は強風のため山小屋内での祈祷となった)。

雄山神社入り口。


標高3,003m、雄山山頂の雄山神社。神社の方がお賽銭を回収するの図。


山頂に立ったものの、景色は全く見えない。


14:52に下山開始。


16:04、雨に降られる前に無事室堂山荘に帰還。


この後、18時前くらいから暴風雨が吹き荒れる。

室堂山荘は200名宿泊可能だが、夕食・朝食で配膳されていた数からするとこの日の宿泊客は30名くらいかな。


翌9月1日は 06:40頃に室堂山荘を出発、室堂ターミナルへ。室堂から美女平へのバスの始発は8時だったので、1時間ちょっと室堂ターミナルで時間をつぶす。


立山駅に着いたのは9時過ぎ。当初の見立てでは9時~12時くらいは雨は降らないと読んでいたのだが、小雨が降っていた。バイクはちゃんとカバーがかかったままだったが中に水が染みていて、タンクバッグやグローブが完全に濡れていた。
帰りの北陸道は所々大雨に見舞われる。遠回りになるが東海北陸道経由だと雨を避けられたっぽい。最後の読みを誤ったが、なんとか午後2時頃に自宅に無事帰還。

登山ルート(写真付きGoogle Map)


(2013/09/03追加) ps. 行き帰りの高速道路走行中はずっと眠気覚ましガムを噛んでいたので、こめかみあたりが筋肉痛?になってしまった。食事をするとこめかみが痛い…。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク