FC2ブログ

天竜スーパー林道~飯田ツーリング(1)

職場の同僚N氏が夏期休暇で青春18切符による列車の旅を企画、JR飯田線の伊那上郷駅~下山村駅で下山ダッシュにチャレンジするという。

ツーリングマップルを見たところ、飯田周辺は日本のチロルと言われる下栗村や隕石クレーター、フォッサマグナ、中央アルプスなど見所が多いので、ツーリングついでにN氏の下山ダッシュに付き合うことにした。


google map (全ルート)
google map (下山ダッシュ)

天竜スーパー林道ヒョー越林道日本のチロル下栗村下山ダッシュしらびそ高原御池山隕石クレーター日本のチロル下栗村
スポンサーサイト



天竜スーパー林道~飯田ツーリング(2) 天竜スーパー林道

現地飯田までのアプローチは中央高速飯田ICが手っ取り早いのだが、それだとあまりにもあっさりしすぎているので、東名高速浜松ICから天竜スーパー林道、ヒョー越林道を北上することにした。

天竜スーパー林道は全線舗装されているので問題なく走れる。
展望が開ける場所はそんなに多くない。





天竜スーパー林道とr389が交差する山住峠。

天竜スーパー林道(直進)はこの先で通行止めとなっていたので、左のr389→R152へ。

天竜スーパー林道~飯田ツーリング(3) ヒョー越林道

静岡県と長野県の県境の青崩峠でR152は数kmに渡って途切れているので、すぐ脇のヒョー越林道を通ることになる。

ここも全線舗装されているので特に問題なし。



北向きだと、R152から兵越峠まではハイペースで走れるが、兵越峠を過ぎて再びR152に合流するまでは下りのタイトなワインディングが長く続く(南向きに走ると楽しい道かも)。


遥か眼下に行く手の道。

峠から北は雄大な景色を拝める。



再びR152に入る。


天竜スーパー林道~飯田ツーリング(4) 下栗村

R152上島トンネルを出てすぐを左折、「日本のチロル」と呼ばれる下栗村へ向かう。



狭く険しい道を延々4km程上って、やがて展望が開ける。



遥か眼下に遠山川の清流を望む。




と、走っているとハンドルが妙な挙動をし始めた。最初は轍にハンドルを取られているのかと思ったのだが、だんだんひどくなり、まともに走れなくなってしまう。バイクを止めて点検すると、リアタイヤがべっこりへこんでいた。


まさかのパンク、、。
途中転がっていた鋭い落石を踏んでタイヤが裂けたのか、、?

周りは何もない。

当然、携帯も圏外。

心を本物のチロル村に置き去りにされたかのごとく、気が遠くなる、、。

炎天下、持参していたパンク修理キットで修理を試みる。

なにぶん初めての経験なので、説明書を読みながらの作業。

携帯型ミニフットポンプで空気を補充。

パンク修理キットとフットポンプは去年の4月に購入して以来、ツーリング時には必ず持参していた。今回初めて出番となった。

当初は下栗村、隕石クレーターと回った後に下山ダッシュの伊那上郷駅へ向かう予定だったが、このパンクで大幅に予定が狂ってしまった。フットポンプを踏みながら、TMで伊那上郷駅までのルートをチェック。


2.0kg/cm²(規定空気圧は2.9kg/cm²) まで入れたところで再出発、来た道を引き返す。

再び空気が漏れ出していないかびくびくしながらガソリンスタンドを目指して走る、、。

帰宅後にGPSのトラックログで確認したところ、このパンク修理での停車時間は30分であった。

天竜スーパー林道~飯田ツーリング(5)  

パンク修理現場から8kmちょっと、R158沿いのガソリンスタンドでリアタイヤに空気を補充。ついでに乗り手も水分を1L補給。



ここから伊那上郷駅までは40km弱。N氏が乗る列車は11:57着なので、あと1時間。

なのだが、この時勘違いで11:27着と思ってしまったので、しゃにむに急いで伊那上郷駅へ向かった。
プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク