[2016Australia (30)] 9/30 Across Australia Tour, Day 8 (3)

フィンケデザートレースのコースを走った後、この日のキャンプ地に向かう。
20160930_145702_Day8_MaryvaleRoad.jpg

途中に砂丘があったので、スティーブ、クヌート、私がチャレンジ。
20160930_145812_Day8_Sandhill_MaryvaleRoad.jpg

スティーブは転倒せずに砂丘を超えられたが、私とクヌートは下りで転倒
20160930_145922_Day8_MaryvaleRoad.jpg

頂上を超えた先が思ったより急な下りで、思わずビビってアクセルを緩めてしまったのが転倒の原因(ランセリンと同じ誤りを繰り返してしまった orz)。転倒した後バイクの下敷きになって中々脱出できなかったのだが、私の後にクヌートが来るのが分かっていたので、そのままだとクヌートが突っ込んでくる恐れがある。死に物狂いで脱出して大きく手を振ったところでクヌートがやってきた。危ないところだった。
20160930_150134_Day8_Sandhill_MaryvaleRoad.jpg

更に少し先に小さな砂丘があった。頂上付近でブライアンが転倒&スタック。アラステアと一緒にブライアンのバイクを押してなんとか砂丘を超える。
20160930_150404_Day8_Sandhill_MaryvaleRoad.jpg

ブライアンをヘルプしている間に、だいぶ隊列から遅れてしまう。
20160930_150920_Day8_MaryvaleRoad.jpg

アラステアと二人で走っていると、マグナス達が引き返してきた。この先はたき木があまり落ちていないので別の場所を探すとのこと。
20160930_151039_Day8_MaryvaleRoad.jpg

マグナスの後ろについてしばらく荒野をさ迷う。
20160930_151154_Day8_MaryvaleRoad.jpg


無事適切なキャンプ地を発見! 広々としている上にそよ風が気持ちいい。
20160930_154054-154120_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg

早速みんなビールを手にしている(^^;)。 20160930_152550_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg

日没までまだ時間があるので、朝方湿っぽかった洗濯物やシュラフを干しておく。
20160930_160558_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg

クヌート、ブライアンのバイクのタイヤ・リアスプロケを交換。
20160930_165708_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp_Maintenance.jpg

20160930_162922_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp_Maintenance.jpg

近くに高さ20m程の山があったので登ってみる。頂上からの眺めは良いが、逆光で写真に取るとイマイチ。
20160930_173108_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg

20160930_172926-172958_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg

ブライアン、アラステアもそれぞれ別の山に登っていた。
20160930_175922_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg

夕食前、火を囲んでだべっていると火の回りを小さな虫が歩き回っているのに気が付いた。マグナスも気付き、拾い上げて手の中に入れる。「聞いてごらん」とマグナスが言うので耳を澄ませると、沸騰したやかんから水蒸気が噴き出すような「シュー」といった音が聞こえてくる。「ファイヤーバグだよ。カブトムシの一種だ」と教えてくれた。体長1cm程度の大きさだが、よく見ると確かに角がある。面白い虫がいるもんだ。
20160930_180434_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg

「1 million stars restaurant」がぼちぼち開店。
20160930_185232_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg

今日のメニューはローストビーフ。
20160930_193328_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg

20160930_195914_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg

シンプソン砂漠を横断できなくなったのは残念だが、楽しい1日だった。
20160930_213522_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp_1MillionStarsRestaurant.jpg

なお、日程的にも行程的にも今日がちょうどツアーの中間点となる。


本日の走行距離: 450.3km
20160930_165444_Day8_MaryvaleRoad_BushCamp.jpg


9/30の ルート(写真付Google Map
スポンサーサイト

[2016Australia (29)] 9/30 Across Australia Tour, Day 8 (2)

スチュアートハイウェイを30km程北上した後右折して、ヒューリバー ストック ルート(Hugh River Stock Route)というダート道に入る。道の両側に花が咲いていたり、広大な草原の中を走ったりと、とても気持ちが良い。所々丘の様になっていて、その頂上部を越えた時に目の前に広がる景色は素晴らしいの一言。
20160930_120626_Day8_HughRiverStockRoute.jpg

ヒューリバー ストック ルートの走行動画。3つのシーンのつなぎ合わせ。


オーストラリアを縦断するガン鉄道の踏切前で小休止。
20160930_121934_Day8_HughRiverStockRoute.jpg


線路沿いに5km程走った場所で昼食。 20160930_130810_Day8_HughRiverStockRoute_LunchTime.jpg

20160930_123430_Day8_HughRiverStockRoute_LunchTime.jpg

20160930_123342_Day8_HughRiverStockRoute_LunchTime.jpg


昼食後は再びヒューリバー ストック ルートを東に走る。

馬の群れに遭遇!
20160930_132913_Day8_HughRiverStockRoute_Horses.jpg

何ヵ所か家畜の脱走防止のためのゲートがあった。最後尾を走る私が閉めることが多かった。
20160930_134212_Day8_HughRiverStockRoute.jpg


スチュアートハイウェイから70km、南北に走るメアリーベールロードにぶつかる。
20160930_135024_Day8_HughRiverStockRoute.jpg

メアリーベールロードに沿って フィンケデザートレース(Finke Desert Race) というレースのコースが走っている。レースコースはアリススプリングスからフィンケという町までほぼ南北に真っ直ぐ伸びていて、全長 230kmになる。レースはここを往復してその速さを競う。
FinkeDesertRaceTrack.jpg

普段はこのレースコースを誰でも走ることができる(正面衝突防止のため、午前中は南向き、午後は北向きに走るというルールがある)。

後ろに見える標識のすぐ後ろがレースコース。標識のわきからコースに入る。
20160930_135036_Day8_HughRiverStockRoute.jpg
コースを走るのは一応希望者だけということだったが全員が走った。レースコースのすぐ隣にメアリーベールロードが並走しているので、レースコースを走るのがきついとなれば、いつでもコースから出ることができる。

私の走行動画。


レースコースはほぼ全体が砂地で、延々とフープス(大きな洗濯板みたいなボコボコ)状になっていて非常に走りにくい。時々高さ2~4mくらいの砂丘を越えるのだが、そういった砂丘前後は特にボコボコが大きく、その傾向を知らなかった最初はオーバースピードでボコボコに突っ込んでかなりヒヤッとした(動画の00:32、01:52あたり)。 全部で23km程走行。

2016年のレースのオフィシャルムービー。このレースのトップライダーはこのボコボコの道を平均時速 130km/h (往復460kmを3時間半)、最高速度185km/hで走る。


Outback Adventure Trek のAcross Australia Tourは年に何回か開催されているが、6月開催のツアーは Finke Dsert Raceの観戦が含まれている(そのため1泊増えて全17泊となる)。

[2016Australia (28)] 9/30 Across Australia Tour, Day 8 (1)

Across Australia Tour 8日目。今日はユララを出て東に向かう。

05:15に起床。なんかやたら寒い。ふとツーリングバッグを見ると霜が降りていた。そのせいか、干していた洗濯物も乾いておらず湿っぽい感じ。
20160930_045240_Day8_AyersRockCampground.jpg

05:30に朝食。ジョーがいないのは寂しい。
20160930_054636_Day8_AyersRockCampground.jpg

出発前のブリーフィング。シンプソン砂漠に行くかどうかが決まる。

iphoneを手にしたマグナスが固い表情で告げる。
「Bad news」

あぁ、だめだったか…。思わず天を仰ぐ。

マグナスの説明はだいたいこんな感じだった。

今朝の時点でシンプソン砂漠の出口の バーズヴィル(Birdsville) から先の道が通行止めのため、シンプソン砂漠横断を断念する。シンプソン砂漠を横断してバーズヴィルに到着するのは4日後なので、その時には通行可能になっている可能性もあるが、当然そうでないリスクもある。エアリービーチに到着するのが2,3日遅れても良いならシンプソン砂漠横断を決行しても良いが、全員がそれを受け入れることは無理だろう。


今回私がこのツアーに参加した目的はシンプソンを砂漠横断し、2011年にたどり着けなかった Big Red を制覇することだ。シンプソン砂漠横断ができないとなるとこのツアーに参加した意味がない。単にアウトバックを走るだけなら2011年に十分走っている。 激しくがっかりしたが、天気の問題はどうしようもない。気を取り直していくしかない。

なお後で他のメンバーから聞いた感じでは、どうしてもシンプソン砂漠に行きたいと思っていたのは少数派だった。


06:30にユララを出発。マグナスのサポートトラックが先導してラセッターハイウェイ(Lasseter Highway)を東に走る。天気は良いが寒い。舗装路なのでマグナスは100km/hで走っているのだが、寒さのため私は95km/hくらいで走るのが限界。じりじりと隊列から遅れてゆく。

1時間弱でマウントコナー(Mount Conner)が見えてくる。
20160930_072719_Day8_LasseterHighway.jpg


08:03にマウントコナー展望所(Mount Conner Lookout)に到着。この場所は2011年のツーリングでカナダ人達3人組と出会った思い出深い場所だ。
20160930_073348_Day8_LasseterHighway_MtConnorLookout.jpg

「偽エアーズロック」の汚名を着せられているマウントコナー。マウントコナーは私有地のため観光客は近づくことができない。
20160930_074232_Day8_LasseterHighway_MtConnorLookout.jpg

マグナスの説明によると大昔はこの辺一帯は高原だったのだが、風雨によってどんどん浸食され、浸食されずに残った部分がマウントコナーだとのこと。
20160930_074414-074420_Day8_LasseterHighway_MtConnorLookout.jpg

ここでカップスープが振舞われた。寒さで体が冷え切っていたのでありがたい。
20160930_074608_Day8_LasseterHighway_MtConnorLookout.jpg

08:42にマウントコナー展望所を出発。


ユララから137km、09:05、ラセッターハイウェイから左折してLuritja Roadに入り北上。この道も2011年に走ったことがある。

Luritja Roadを67km北上し、突き当りのT字路でモーニングティー。
20160930_092558_Day8_ErnestGilesRoad_MorningTea.jpg

今日の紅茶を回す役はクヌート(回す役は立候補制。私は一度も回さなかった)。最後にちょっと失敗して紅茶がこぼれてしまう。
20160930_094430_Day8_ErnestGilesRoad_MorningTea.jpg

10:30に出発。2011年の時はT字路を左折(西行き)してキングスキャニオン方面に向かったが、今回は右折(東行き)して Ernest Giles Road に入る。この道をちょうど100km走るとスチュアートハイウェイに出る。


Ernest Giles Road を 50km走ったところで休憩。
20160930_104628_Day8_ErnestGilesRoad.jpg

20160930_104606_Day8_ErnestGilesRoad.jpg

Ernest Giles Roadは全線ダート道だが、グレートセントラルロード同様、快適。
20160930_105919_Day8_ErnestGilesRoad.jpg


ユララを出発して305km、11:53にスチュアートハイウェイに合流。
20160930_112518_Day8_StuartHighway.jpg

マグナスのサポートトラックも3分遅れ程度で到着。すぐに再出発。
20160930_112452_Day8_EndOfErnestGilesRoad.jpg


マグナスが先導してスチュアートハイウェイを30km程北上。またも100km/hで走るので、じりじりと離される。
20160930_113712_Day8_StuartHighway.jpg

[2016Australia (27)] 9/29 Across Australia Tour, Day 7 (2)

ウルルを後にしてカタジュタに向かう。ユララ、ウルルからは50㎞程走る。
20160929_145342_Day7_KataTjutaRoad.jpg

20160929_150642_Day7.jpg

昨日はグレートセントラルロードでカタジュタの写真を撮ることができなかったので、写真を撮るために少しだけグレートセントラルロードに入る。
20160929_151011_Day7_KataTjutaRoad.jpg

グレートセントラルロード入り口の注意書き。ここから先、西オーストラリア州との境界まで行くには許可証が必要。
20160929_151536_Day7.jpg

グレートセントラルロードに1.2km入った所から撮影。
20160929_151206_01_Day7.jpg

カタジュタには見学ルートが2か所ある。今回も 「Valley of the Winds (風の谷)」に向かう。
20160929_151814_Day7_KataTjutaRoad.jpg

カタジュタもウルルに負けず劣らずでかい!カタジュタも登れたらなぁ…(ウルルもカタジュタもアボリジニの聖地なので入っていい場所が限られている)。
20160929_152034-152042_Day7.jpg

15:50に風の谷の駐車場に到着。かなり遅い時間だが、とりあえず風の谷のカリンガナ展望所(Karingana Lookout)へ向かう。往復で所要時間は2.5時間。急がねば。
20160929_152856_Day7.jpg>

駐車場から1.3km、25分程で途中のカル展望所(Karu Lookout)に到着。
20160929_155252_Day7.jpg>

風の谷へのルートは結構険しく、健脚向けだ。
20160929_155738_Day7.jpg

Sand2ライディングパンツがごつくて暑いし、モトクロスブーツなので歩きにくいしと 2011年の時よりもかなり疲れる。
20160929_160122_Day7.jpg

20160929_160302_Day7.jpg

日がだいぶ傾いているので、日陰になっているところが多い。
20160929_160128_Day7.jpg>

20160929_161152_Day7.jpg>

20160929_161310_Day7.jpg

カリンガナ展望所が見えてきた!
20160929_161624_Day7.jpg

最後の上り。
20160929_162014_Day7.jpg

17:00に風の谷のカリンガナ展望所に到着。時間が遅いので他に誰もいない。
20160929_162940_Day7.jpg>
2011年の時は谷の部分が日陰になっていたが、今回はちょうど太陽が真後ろにあり、谷の部分にも日が差していた。

20160929_163544_Day7.jpg>

ふと背後を見ると、ちょうど背後の岩山に日が落ちるところだった。岩山の影が背後からこちらに向かってどんどん伸びてくる。風の谷が手前から奥に向かって影で覆われてゆく様子を動画に取ろうと、急いでD7200を動画撮影モードにして岩場の上に置いて構図を調整していると、会社の iphone が鳴った。今から考えると無視すればよかったのだが、向う3日間くらいまた携帯圏外で音信不通になってしまうのでその電話に出てしまった。色々仕事の調整事を話しているうちに、風の谷が影で覆われてしまった orz

日没までにユララに帰り着きたいので、急いで引き返す。
20160929_163824_Day7.jpg

私が風の谷の今日最後の訪問者かなと思っていると、5~6人くらいのグループが前からやってきた。すれ違いざまに「風の谷まであとどれくらい時間がかかりますか?(英語)」と聞かれたので「あと1分くらい。ここの坂を上ったあそこですよ」と答えると、色々話しかけてきた。彼らは北京、上海、台湾、等、出身がばらばらの中国・台湾人のグループだった。北京出身という女性がアニメがどうのこうのと言っているのだが、いまいちよく聞き取れない。私が首をかしげていると紙に何かを書き始めた。その紙を見ると
「宮崎駿」
と書かれていた。中国人にまで「風の谷のナウシカ」が知られているとは(^^;)

20160929_165542_Day7.jpg

20160929_165556_Day7.jpg

カタジュタからの帰り、Kata Tjuta Sunset View Areaに立ち寄る。ここのお手洗いは悪臭が酷い。
20160929_174734_Day7.jpg

カタジュタロードを急いで引き返す。この分だとユララに着くのは日没後になってしまうな…。
20160929_175437_Day7_KataTjutaRoad.jpg

正面にウルルが見える。
20160929_180737_Day7_KataTjutaRoad_Uluru.jpg

日が沈んで辺りは陰となってしまったが、巨大なウルルにはまだ日が当たっていて赤く染まる。
20160929_181254_Day7_KataTjutaRoad_Uluru.jpg

ウルルの近くまでたどり着いた時は残念ながら完全に陰に没していた。
20160929_182128_Day7.jpg

エアーズロックリゾートのショッピングセンターで歯ブラシ等の買い物をして、19:20頃にキャンプ場に帰還。既に夕食は始まっていた。今日のメニューはミートスパゲティ。
20160929_185138_Day7.jpg


9/29の ルート(写真付Google Map
走行距離: 154km

[2016Australia (26)] 9/29 Across Australia Tour, Day 7 (1)

Across Australia Tour 7日目。今日は一日自由行動。

昨日よりも寒い。2011年に来た時もそうだったけど、なぜかユララは周辺よりも寒い気がする。
20160929_063944_Day7.jpg

キャンプ場内は無線LANが入るので、テントの中でシュラフに包まったままノートPCを起動、メールを確認し、仕事を2〜3件片付ける。

08:30に朝食。ブライアンはウルル(エアーズロック)に登るために6時頃に出発したとのことでいなかった。
20160929_080628_Day7.jpg

朝食を終えるとスティーブもKLRでどこかにいってしまった。私は午前中は洗濯したり、シュラフ、テントのマットを干したりしてうだうだと過ごす。クヌートとアラステアもキャンプ場にいたままだった。空気は涼しいのだが日差しが強く、日向にいると肌がじりじりと焼けるような感じだ。

10時頃に無事ウルル登頂を果たしてブライアンが帰ってきた。ウルルの頂上からの景色は素晴らしかったと満面の笑み。2011年に私が訪れた時は2日続けて強風で登山不可だったのでブライアンは運がいいなと思ったのだが、ブライアンが登り始めた7時の時点では登山可能だったが、下山した9時頃には強風で登山不可になっていたとのこと。早朝に行くのがポイントだったのか…。

ジョー、クヌート、アラステア、ブライアンと「PIONEER KITCHEN」で昼食。

右肩を負傷したジョーは今日空路でケアンズに帰ることになった。骨折ではないというので数日安静にしていたらまたバイクに乗れるようになるかと思っていたのだが、怪我の具合は相当に悪い様だ。今回のツアーのメンバーの中で一番最初に出会い何かと親切にしてくれたジョーとツアーを完走できないのは本当に残念だ。私はAcross Australia Tourが終わった後にケアンズに一週間弱程滞在してレンタルバイクで走る予定だったので、ケアンズで再会することを約束して一旦別れを告げる。
20160929_132420_Day7.jpg
(左からブライアン、ジョー、クヌート、アラステア)

ユララに置いていったDR650をジョーが回収したのは2017年1月のことだ。


ウルル、カタジュタとも2011年に見て回ったので今回はどうしようかと思ったが、とりあえずまた見に行くことにした。2時過ぎにキャンプ場を出発。

ウルルから2km離れた Sunset viewing area。今日も天気が良く、素晴らしい眺め。
20160929_140708_01_Day7.jpg

ウルルをぐるっと一周する。やっぱマジでかい。今から思うと前回とは逆向き(上から見て反時計回り)に回れば良かったな…。
20160929_141317_Day7_GoAroundUluru.jpg
上の写真の様に、路側帯の線が黄色の場所は駐停車禁止。ウルル周辺にはちょくちょくある。

ウルルの周りを周回する道路は場所によってはウルルから結構離れる。この辺りがウルルのすぐそばで、かつウルルが壁の様にそびえ立っているので一番迫力がある。
20160929_141327_Day7_GoAroundUluru.jpg

今回と前回のウルルの周回ルートのGPSログをチェックしていて気が付いたのだが、2回とも周回ルートの最後の部分を間違えて遠回りしていた! Kuniya carpark からそのまま引き換えずに真っ直ぐ行くのが正しいルートなのであった orz。
20160929_UluruTrakLog.jpg

なぜ間違えたのだろうと思ってビデオを見直してみると、このT字路[Google Map]を直進ではなく右折すべきなのであった…。次(はもうないだろうけど)は注意せねば…。
20160929_142302_Day7_Uluru.jpg

途中で止まらなければウルルを1周するのに15分もかからない(制限速度は60km/hで、停車禁止の場所が多い)。

去る前にウルルから1km程離れた道路脇から撮影。
20160929_143142_Day7.jpg

プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク