FC2ブログ

パミール高原ツーリングの基礎知識(3) 治安

外務省のタジキスタン危険情報だと、パミール高原内(ゴルノ・バダフシャン自治州内)は危険レベル2,アフガニスタンとの国境沿いはレベル3とかなり高め。
タジキスタン危険情報20180918

パミールハイウェイのカレイクム〜ホログ間、ワハーン回廊、Kulob roadの一部の合計約600kmは、正にこのアフガニスタンとの国境沿いを走る。この区間はパンジ川が国境になっている(下の写真の川がパンジ川で、対岸(右側)がアフガニスタン)。危険レベル3となっているが、危険を感じることは全くなかった。
20180730_123837-123849_96x18mm.jpg

アフガニスタンとの国境沿いの道では4人一組のタジキスタン国境警備兵(デジタル迷彩服にAK-74を携行)をちょくちょく見かけた。
20180802_163134_PamirHighway_Rushon.jpg

キルギス人は見かけが日本人と似た人が多く、町中を歩いていても直ちには旅行者だとは気づかれなかったが、 タジキスタン人の見かけは日本人とはだいぶ異なり、町中を歩いていると旅行者であることはすぐに気づかれる。

タジキスタンはイスラム教の国ではあるが、宗教的にはかなりゆるい。売店でビールが売ってあるし、実際飲んだりしている。中東諸国の女性が着用しているブルカも禁止されている。

今回のツーリングで私が感じた限りでは、治安は全く問題なく、タジキスタンの人々はみんなとても親切だった。


今回のツーリングの出発前に、ゴル…、いやデューク東郷が推奨する「たびレジ」に登録しておいた。たびレジに登録しておくと、外務省や大使館からテロ等の危険情報がメールで送られてくる。で、ツーリングが終わった後で以下の様なメールが来ていたことに気づいた。
(たびレジのメールの抜粋)

From: 在タジキスタン日本国大使館
Subject: タジキスタン危険情報(続報/外国人観光客死傷事案に関して)

1 29日15時30分頃,タジキスタン・ハトロン州ダンガラ付近の道路上において,自動車が欧米人観光客(サイクリスト)の一団に突入し,4人が死亡,2名が負傷(1名は負傷なし)する事案が発生しました。

2 本件については,タジキスタン当局が,事故・強盗・テロなどあらゆる可能性を視野に入れて更に捜査をすすめています。当局は,本事案の関係者1名を逮捕,4名を殺害し,事案自体は終結したと発表しました。さらには,ISILより「十字連合民間人への攻撃」である旨の犯行声明が出ていますが,信憑性は不明です。今後も外国人を狙った同種の事案が発生する可能性は排除できないことから,外国人が多く集まる場所に近づかない等,危機に備えた対応を取るようお願いいたします。

なんと、ツーリング初日の7月29日に欧米人チャリダーを狙ったテロが起きていた。ツーリング中はほとんどネットに繋がらなかったので、このたびレジメールに気付かなかった(意味ない orz)。ダンガラはツーリング最終日(8/3)に通ったが特に何も気づかなかった。また、ツーリング中に多くの旅行者に出会ったが、この件について話が出たこともなかった。
スポンサーサイト

パミール高原ツーリング動画

theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

パミール高原ツーリングの基礎知識(2) ルート

タジキスタンの首都ドゥシャンベから隣国キルギスのオシュまでパミールハイウェイが通っている(下図赤線)。パミール高原旅行はこのパミールハイウェイを通るのが基本となる。パミールハイウェイから外れて、アフガニスタンとの国境沿いを通るワハーン回廊も人気がある(オレンジ色の線)。公共交通機関は一切ないので、通常の旅行者はツアーに参加したり、車をチャーターする必要がある(オシュやドゥシャンベ、ゴルノ・バダフシャン自治州内の町で手配する)。
Pamir-highway-map.jpg
THE SILK ROAD TRAVEL GUIDE から拝借)

おもな見どころは、 カラクル湖、アクバイタル(Ak Baital) 峠 (標高 4,655 mでパミールハイウェイ最高地点)、ヤシルクル湖、温泉(ガラム・チャシュマ温泉、ビビファティマ温泉、ジェロンディ温泉)、ヤムチュン砦、など。

Short Way Roundなどを見た感じではバータン渓谷(Bartang Valley、黄緑色の線)が絶景ルートなのだが、極悪路&川渡り多数&途中給油不可のため、走破することは極めて困難だ。

ドゥシャンベからパミール高原の玄関口の町 カイレイクム (Qalai-Khumb)まではパミールハイウェイを通るルート(Tavildara road、青線)と南回りルート(Kulob road、ピンク色の線)の2つがある。距離的には Tavildara road の方が短いのだが、Tavildara roadは全体的に道が悪いうえに、サギルダシュト峠(標高 3,372m)が断崖絶壁の狭路で超危険のため、もっぱら南回りルートが利用される。
(サギルダシュト峠~カレイクムの絶壁ルート)
20180729_m41_pamirhighway_tajikistan_3.jpg


今回の私のツーリングルートは、一日当たり300~350kmで立案した。ワハーン回廊を経由し、アクバイタル峠を越えカラクル湖まで行って戻ってくるつもりだったが(下図赤線)、Tavildara roadが想像以上に険しく、ツーリング1日目にしてワハーン回廊とアクバイタル峠の両方に行くのは無理だと悟った。止むなく今回はワハーン回廊を優先し、アクバイタル峠を諦めた。
PamirHighwayMotorcycleRiding.jpg

パミールハイウェイは道が荒れている所が多いので、1日当たり200~250kmにしておくのが安全だ。それ以上走るとなると、体力的にかなり厳しい。

theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

パミール高原ツーリングの基礎知識(1)

パミール高原を知らない・聞いたことがないという人は殆どいないと思うが、その場所を正確に知っている人もまた殆どいないのではないかな。 パミール高原はタジキスタンの東半分を占めるゴルノ・バダフシャン自治州(Gorno-Badakhshan Autonomous Region)にあり、北はキルギス、東は中国(新疆ウイグル自治区), 南~西はアフガニスタンに接している。
ゴルノ・バダフシャン自治州

パミール高原を旅行するには通常のタジキスタンのビザの他にゴルノ・バダフシャン自治州(GBAO)通行許可証(通称:パミールパーミット)が必要。今はインターネット上でオンライン申請できる様だが、私は旅行代理店(西遊旅行さん)に取得してもらった。
ゴルノ・バダフシャン自治州通行許可証_PamirPermit
ゴルノ・バダフシャン自治州内にはちょくちょく検問所があり、その都度、パスポートとこのビザ&許可証をチェックされる。

タジキスタンはホスピタリティにあふれたおもてなしの国として知られている。ツーリング中に出会った人々はみな親切で、色々助けてもらった。村の中を通過すると、子供たちはみんな手を出してハイタッチしようとしてくる。英語ができる人は割と多く、ロシア語ができなくても全く不安・不便を感じることはなかった(去年のキルギスは英語が通じず苦労したことがしばしばあった)。

危なかった…

パミール高原ツーリング2日目(7/30)のある一コマ。


通り抜けるつもりはなかったのに、「行け」みたいな合図をされてしまったので、泣く泣く行くハメになってしまった(T_T)

theme : ツーリングレポート
genre : 車・バイク

プロフィール

vfr800hu

Author:vfr800hu
元々は'06 北海道ツーリングを現地からレポートするために始めたブログ。今は、1に景色、2にソフトクリーム、3に温泉で回ったツーリングの記録。
更新頻度が極めて低いので気長によろしくお願いします。

2011年7月29日~8月27日の約4週間、オーストラリアをツーリング(シドニー~ダーウィン、9000km)

[YouTube チャンネル]

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク